【新商品情報】位置がズレても、どこの場所でも、”高さ”で判別できる!カメラ内蔵レーザ変位センサ「IXシリーズ」誕生。

デジタル放射温度センサ
FT シリーズ

非接触で「表面温度」が見える

115msの高速応答で素早く確実に検出

15msの高速応答で素早く確実に検出

FTシリーズでは、温度検出をおこなうサーモパイルの応答性にこだわりました。
遠赤外線吸収膜を極限まで薄く、熱電対を幾何学的に効率よく配置し、吸収した熱を素早く確実に検出することで、サーモパイルの応答性を画期的に高めています。

詳細は、カタログをダウンロードしてご覧ください。

2検出範囲をはっきりと示すレーザポインタ

検出範囲をはっきりと示すレーザポインタ

2つのレーザポインタが検出範囲をはっきりと示しますので、センサの設置が簡単になります。
※クラス:FDA class1,JIS クラス1 ,IEC class1

詳細は、カタログをダウンロードしてご覧ください。

3クラス最小、1/5サイズ

クラス最小、1/5サイズ

サーモパイルを含めた検出部を筒状の構造物に収め、センサヘッドのボディと接触しないようフローティングさせました。
センサの周囲温度など外乱の影響を空気の層がカットし、限界までセンサヘッドのボディを小型化することが可能となりました。

詳細は、カタログをダウンロードしてご覧ください。

4使いやすさにこだわった充実のアンプ機能

デジタルで見えることはもちろん、使いやすさにこだわりました。
「ややこしい」や「難しい」を無くしつつ、現場で使える機能を搭載しています。

詳細は、カタログをダウンロードしてご覧ください。

仕様・詳細をカタログで見る

カタログダウンロード

FTシリーズ デジタル放射温度センサ カタログ