チョコ停よみ:ちょこてい

生産設備のトラブルで、一時的に設備や生産が停止・空転する現象で、「空転ロス」ともいわれます。チョコ停の原因は多様であり、設備不良で発生するものもあれば、製品の欠陥で発生するものもあります。

特徴としては、

  • ・トラブルの発生から復帰までの時間は数分程度
  • ・部品交換や修理といった作業は不要
  • ・1日に数回以上の頻度で発生する

などがあります。

大きなトラブルに比べて復帰までの時間が短く、顕在化しにくいため原因の追究や対策がおろそかにされるケースが多いことも特徴といえます。しかし、発生の頻度や工程によっては設備稼働率の大幅な低下や生産コストの高騰、さらには安全面の不安など、工場経営にとって大きなマイナス要因になることもあり、根本的な対策が望まれます。

よく検索される用語
チョコ停
歩留まり
段取り替え

さくいん

    FA用語翻訳辞典