量産試作よみ:りょうさんしさく

機能やデザインが設計の基準を満たしていることや、量産が可能であることを確認するために、量産の前に実際の製品に近い形で製作し組み立てることです。一般に「試作」という場合、量産試作を指します。

試作された製品は、入念なテストを受け、改良を重ねて量産へと進みます。つまり、量産が製品を作ることであるのに対し、量産試作は開発者や製造工程といった作る側のための製作といえます。

よく検索される用語
チョコ停
歩留まり
段取り替え

さくいん

    FA用語翻訳辞典