ドリルの外径測定

CASE
金属加工

ドリルに変形・摩耗が無いかを常時監視し、加工工程の予知保全を行います。

ドリルの外径測定

Connect to IoT

加工前後の外径・角度・ピッチなどのデータを管理することで、最適な加工条件を維持することが可能となり、品質向上につながります。
また、品種切り替え時の検査・点検も自動で行えるため、工数削減につながります。

関連商品TMシリーズ

以下のデータを取得できます。

プロセスデータ 外径、角度、ピッチ、幅、判定出力

関連ページ

Back to top