ダメージをおさえた印字がしたい

印字によるダメージは大きく表面ダメージと内部ダメージに分かれます。
レーザ光の吸収率が低い材質(銅やポリイミド)では、熱影響によって印字の周辺にススや熱ダレなどの表面ダメージが発生するケースがあります。
また、低背化が進むICパッケージなどは封止樹脂をレーザ光が透過することで内部デバイスにダメージを与えるケースがあります。

ダメージをおさえた印字がしたい

キーエンスからのご提案!

UVレーザによるダメージレス印字

UVレーザは、基本波長レーザに比べて幅広い材料への吸収率が格段に向上することから、レーザ光の透過や印字周辺部分の熱影響を抑制した印字が可能です。
モールド樹脂への印字を例に見ても、レーザ光の透過率を1/5程度に抑えることができ、内部ダメージを低減できます。

弊社での実験結果に基づいた結果です。

UVレーザによるダメージレス印字
クイック価格お問い合わせ 「材質」と「用途」を選ぶだけ!最適なレーザマーカの価格をご案内します。