活性汚泥

経時的な動きを数値化

生活排水や工場用水を浄化する方法として、好気性微生物や菌に水中の有機物を処理させる方法を活性汚泥法と呼びます。

この活性汚泥法では、微生物が活性を維持するための酸素供量や、活性汚泥と汚濁物質の量的バランス管理、水温調整やその他の環境整備によって、効率性が大きく変化します。

オールインワン蛍光顕微鏡 BZ-X800を導入すれば