セルマイグレーション(細胞遊走)アッセイ

多点撮影と定量

セルマイグレーションアッセイでは創傷治癒※1過程における細胞の遊走能を評価できるため、医薬品や化粧品による遊走の促進作用の検証に活用されています。
実験には、同一の環境条件での比較とN数の確保が可能なマルチウェルプレートがよく用いられますが、多数の標本を迅速に観察・測定するには時間と労力が必要なだけでなく、測定者によって測定条件が変わり比較基準にバラつきが生じる恐れなどもありました。

多点撮影と定量

オールインワン蛍光顕微鏡 BZ-X800を導入すれば

※1. 創傷治癒とは
表皮細胞や線維芽細胞が傷に向かって増殖・遊走して傷が縮小、ふさがれることをいいます。