微生物Dead or Alive試験

定量化

微生物評価は、無色透明に見えることが多いため微分干渉観察や位相差観察をしてアプローチをするのが基本でした。また、数や形状の評価をおこなうために、グラム染色による可視化も良く行われる手法の一つです。

従来の問題点

画面内に多数存在する微生物の状態の評価や形状の確認をおこなうには、多大な時間を要します。
また、それだけでは微生物がどの程度の時間まで生きているか、時間経過により死んでいる微生物との比率がどのように変化していくかまでは判断することは困難です。

オールインワン蛍光顕微鏡 BZ-X800を導入すれば