微生物Dead or Alive試験

定量化

微生物評価は、無色透明に見えることが多いため微分干渉観察や位相差観察をしてアプローチをするのが基本でした。ただそれでは、とても見えづらいので、グラム染色などで見える化し、その数や形状の評価を行ってきました。

従来の問題点

その数の評価や形状のチェックを行うのには、大変な時間を要します。
また、それだけでは、微生物がどのくらいの時間で生きていて、死んでいるのかまで判断することができません。

オールインワン蛍光顕微鏡 BZ-X800を導入すれば