クランクシャフトの品種確認
  • 自動車業界
  • 多品種対応

クランクシャフトの搬送工程において、製品の幅を検出し、品種違いが混入していないか確認します。

従来の課題

「光電センサ」は、検出ポイントの数だけ設置しなければならず、回転方向のずれや研磨面からの反射光によるハレーション、ロットによる表面の色ムラが原因で、誤検出が発生します。また、「画像処理システム」は、検出精度・応答速度の性能は高く、問題はありません。しかし、クランクシャフトの形状を検出し、品種を判別するために必要な機能以外の装備が多く高価です。また、立ち上げに必要な設置・設定などの工数が多く、導入は容易ではありません。

画像センサを導入するメリット

AI搭載 画像判別センサ「IV2シリーズ」は、1台で最大550×412mmの範囲を検出することができ、この領域内なら最大16箇所を同時に検出することができます。形状だけでなく色も判別でき、フォーカスや露出はもちろん回転方向や色ムラなど、さまざまな検出条件の設定はAIが自動的に行うため、製造現場への導入もスムーズです。もちろん、ハレーションの影響も受けません。そして、検出設定は32種類(32製品)まで保存できるため、製品に応じた設定を読み出すことで簡単に設定変更ができます。
IV2シリーズ」は、広範囲検出でセンサの設置台数を抑え、AI機能で使いやすさと安定検出という要求に応えます。

  • OK
    OK
  • NG
    NG

使用している商品

IV2シリーズ AI搭載 画像判別センサ カタログ
AI搭載 画像判別センサ IV2 シリーズ
AIによる最適設定。知識・経験不要で誰でも使える
明るさ調整やフォーカス設定などの調整もワンタッチ
クラス最小の超小型ヘッドで、どんな場所でも設置できる
価格について
お客様の検査対象やシステム内容によって価格は変動します。詳しくはお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

誰でも使える画像センサ用途事例 トップへ戻る