ハンドルの組み付け確認
  • 自動車業界
  • ポカよけ

ハンドルの組み付け工程において、複数のネジが正しく組み付けられているかを判別し、ポカヨケを行います。

従来の課題

「光電センサ」を用いる場合、検出するネジの数だけセンサを取り付けなければなりません。また、わずかな位置ずれでも光量が変化して誤検出の原因になります。
「画像処理システム」は、広範囲のねじを検出できるため、設置台数を抑えることができます。また、撮像能力や応答速度の性能は高く、問題はありません。照明装置も充実しているためハレーション対策も十分です。しかし、ハンドルを組み付けるねじの検出に必要な機能以外の装備が多く高価です。また、立ち上げに必要な設置・設定などの工数が多く、導入は容易ではありません。

画像センサを導入するメリット

AI搭載 画像判別センサ「IV2シリーズ」は、1台で最大550×412mmの範囲を検出することができます。この領域内なら、最大16箇所を同時に検出することができます。また、AI機能は、検出に最適な設定を自動的に選択するため、簡単な操作で高度な検出が可能です。ねじのR面からの反射光によるハレーションもキャンセルします。
IV2シリーズ」なら、多点同時検出が可能。外乱光やハレーションを抑えて、さまざまなワークに対し、安定した検出能力を発揮します。

  • OK
    OK
  • NG
    NG

使用している商品

IV2シリーズ AI搭載 画像判別センサ カタログ
AI搭載 画像判別センサ IV2 シリーズ
AIによる最適設定。知識・経験不要で誰でも使える
明るさ調整やフォーカス設定などの調整もワンタッチ
クラス最小の超小型ヘッドで、どんな場所でも設置できる
価格について
お客様の検査対象やシステム内容によって価格は変動します。詳しくはお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

誰でも使える画像センサ用途事例 トップへ戻る