Oリングの抜け検出
  • 自動車業界
  • 歩留り向上

自動車部品の組付工程において、Oリングが正しい位置にセットされているかどうかを判別し、歩留り向上を行います。

従来の課題

「光電センサ」や「カラーセンサ」は、1つの検査ポイントに1台ずつ設置するので、検出精度を上げるには、多くのセンサの設置が必要です。また、Oリングの浮きなどの装着不良は正確に検出できません。さらに、搬送されてくるワークの位置が一定でない場合は、正確な位置決めが必要になります。

画像センサを導入するメリット

AI搭載 画像判別センサ「IV2シリーズ」は、最も安定して検出できる設定をAIが自動で選択します。また、1台で最大550×412mmの範囲を検知することができ、位置補正機能で検査位置を追従捕捉するため、正確な位置決めは不要です。
IV2シリーズ」なら、AIの自動設定による素早いラインの立ち上げが可能です。また、位置ずれやハレーションの影響も受けません。位置決め工程や照明装置を必要としない設計は、導入コストを抑え、製造ライン設計にも大きなゆとりを与えます。

  • OK
    OK
  • NG
    NG

使用している商品

IV2シリーズ AI搭載 画像判別センサ カタログ
AI搭載 画像判別センサ IV2 シリーズ
AIによる最適設定。知識・経験不要で誰でも使える
明るさ調整やフォーカス設定などの調整もワンタッチ
クラス最小の超小型ヘッドで、どんな場所でも設置できる
価格について
お客様の検査対象やシステム内容によって価格は変動します。詳しくはお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

誰でも使える画像センサ用途事例 トップへ戻る