ピストンの品種判別
  • 自動車業界
  • ポカよけ

ポカヨケとして、製品の溝の数でピストンの品種判別を行い、試験プログラムと品種が一致していることを確認します。

従来の課題

「光電センサ」は、検出ポイントの数だけセンサが必要です。ポイントで検出する光電センサを複数組み合わせて、ピストンリングの溝の形状を読み取ります。一般にピストンは光沢材でできており、ピストンのR面からの反射光によるハレーションは誤検出の原因になります。このため、ハレーションを除去する照明装置が必要です。また、センサに検査データの記録機能がない場合、試験プログラムとの照合と記録は目視と手書きで行わなければなりません。

画像センサを導入するメリット

AI搭載 画像判別センサ「IV2シリーズ」は、ピストンリング溝の各所の形状の違いを1台で検出可能。また、検出領域内であれば位置補正機能で検出位置を追従捕捉するので、位置決め装置は不要です。さらに、ハレーションの除去や輪郭の検出はAIが自動で行うので、簡単な設定で安定した検出が可能です。そして、検査履歴は画像と共に保存することができるので、試験プログラムと品種の一致確認に活かすことができます。
IV2シリーズ」なら、導入しやすいコストで、現場の負担を最小限に抑えた安定判別システムを実現します。

  • OK
    OK
  • NG
    NG

使用している商品

IV2シリーズ AI搭載 画像判別センサ カタログ
AI搭載 画像判別センサ IV2 シリーズ
AIによる最適設定。知識・経験不要で誰でも使える
明るさ調整やフォーカス設定などの調整もワンタッチ
クラス最小の超小型ヘッドで、どんな場所でも設置できる
価格について
お客様の検査対象やシステム内容によって価格は変動します。詳しくはお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

誰でも使える画像センサ用途事例 トップへ戻る