スパークプラグの品種判別
  • 自動車業界
  • 多品種対応

異品種混入防止のために、構成部品のサイズの違いからスパークプラグの品種判別を行います。

従来の課題

「レーザー変位センサ」や「接触式変位センサ」は、センサとスパークプラグの検出位置がずれると誤検出の原因になります。また、スパークプラグのR面からの反射光によるハレーションも誤検出の原因になります。正確に位置を合わせる位置決め装置や、ハレーションを抑える照明装置が必要になります。

画像センサを導入するメリット

AI搭載 画像判別センサ「IV2シリーズ」は、スパークプラグの幅やねじ山のわずかな形状の違いの検出も、AIが最適な設定を自動で選択します。また、検出領域内であれば位置補正機能で検出位置を追従捕捉するので、位置決め装置は不要。また、ハレーションの影響も受けないので、安定した検出が可能です。
IV2シリーズ」なら、検出環境の整備に関する装置は不要。広い検出領域でも、1台で安定した検出が可能です。

  • OK
    OK
  • NG
    NG

使用している商品

IV2シリーズ AI搭載 画像判別センサ カタログ
AI搭載 画像判別センサ IV2 シリーズ
AIによる最適設定。知識・経験不要で誰でも使える
明るさ調整やフォーカス設定などの調整もワンタッチ
クラス最小の超小型ヘッドで、どんな場所でも設置できる
価格について
お客様の検査対象やシステム内容によって価格は変動します。詳しくはお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

誰でも使える画像センサ用途事例 トップへ戻る