キャップの浮き検知
  • 食品・薬品・化粧品業界
  • ローコスト

キャップ締め工程後にキャップが浮き・傾きなく正しく締められているかどうかを検出します。

従来の課題

「反射型変位センサ」は、繰り返し精度が高く、センサヘッドから離れたワークの測定能力にも問題ありません。しかし、ポイントでワークをとらえるため、わずかな位置ズレでも誤検出になります。また、キャップの向きによっては検出できない可能性があります。
「透過型変位センサ」はスリット光を発光し、受光量で形状を測定するため、キャップの装着状態を正確に検出することができます。しかし、検出には発光側と受光側のセンサヘッドが必要です。
「反射型変位センサ」の位置ズレの解決には高精度な位置決め装置が必要です。「透過型変位センサ」には、発光側・受光側のセンサヘッドを設置するスペースが必要です。また、どちらのセンサを用いた場合も、品種変更が頻繁な場合は設定の切り換えが必要なので、設定保存機能が欠かせません。

画像センサを導入するメリット

AI搭載 画像判別センサ「IV2シリーズ」は、検出領域内であれば位置補正機能で検出位置を追従捕捉するので、位置決め装置は不要です。また、オートフォーカスと自動明るさ調整機能を搭載しており、最適なピントと明るさでキャップの状態を検出することができます。さらに、検出に必要な設定は、AIが自動で行います。キャップの装着状態を1台のセンサヘッドで検出できるので、設置するセンサヘッドの台数を抑えることができます。
IV2シリーズ」なら、低予算でシンプルかつ検出の安定性に優れた検出システムの構築が可能です。

  • OK
    OK
  • NG
    NG

使用している商品

IV2シリーズ AI搭載 画像判別センサ カタログ
AI搭載 画像判別センサ IV2 シリーズ
AIによる最適設定。知識・経験不要で誰でも使える
明るさ調整やフォーカス設定などの調整もワンタッチ
クラス最小の超小型ヘッドで、どんな場所でも設置できる

誰でも使える簡単設定方法

    • STEP1OKワークを登録する
    • STEP2NGワークを登録する

    後はAIが16種類の検出ツールから、ワークに最適な検出方法を自動で選択。立ち上げからわずか1分で設定が完了します。

  • 誰でも使える簡単設定方法
価格について
お客様の検査対象やシステム内容によって価格は変動します。詳しくはお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

誰でも使える画像センサ用途事例 トップへ戻る