CV-5000シリーズ ユーザーサポート

ダウンロード(最新ソフトウェア)

CV-5000シリーズ用 ソフトウェア

注意
このコントローラファームウェアはCV-5000シリーズセカンドエディション専用です。CV-5000シリーズファーストエディションの場合、
こちら
の手順で一旦セカンドエディションにアップグレードする必要がありますのでご注意ください。なお、コントローラのエディションは、メニューバーの「環境設定」>「システム情報」で確認できます。アップグレードの手順は、下の「CV-5000コントローラファームウェアアップグレード手順資料(セカンドエディション専用)」を参考にしてください。

CV-5000コントローラファームウェアアップグレード
手順資料(セカンドエディション専用)


CV-5000用通信ソフトの最新バージョンです。CV-5000シリーズのSecond Edition以降に対応しています。
シミュレーションソフトを内蔵しており、PC上でCV-5000と同じように検査設定や画面の編集、動作検証等の操作ができます。

対応OS
Windows 7(Home Premium/Professional/Ultimate/Enterprise)
Windows Vista(Ultimate/Business/Premium/
Basic/Enterprise)
  1. ※ 本ソフトウェアは各言語に対応したOSでのみ動作します。(日本語・英語)
  2. ※ Windows 7のみ64bit/32bitバージョン対応、それ以外のOSは32bitバージョンのみ対応。
  3. ※ Windows 7のXP互換モードでは動作しません。
注意
USBドライバーについて
Windows 7の場合はウィザード画面が表示されないため、本機とパソコンを接続後に、デバイスマネージャーから手動でUSBドライバをインストールする必要があります。ドライバをインストールするには、デバイスマネージャーで「ほかのデバイス」として表示されている「CV-5000/5500」のプロパティ画面の「ドライバーソフトウェアの更新」から、USBドライバの収録されているフォルダ(解凍ファイル内の「driver」-「USB」)を手動で指定します。
  1. ※ シミュレータ機能の使用には別途シリアルキーが必要です。シリアルキー取得の方法はこちらをご確認ください。

ShapeTraxモードを使ったCV-5000ファーストエディションの設定ファイルをシミュレータで編集するときに使用します。
詳しくは最寄りの営業所にお問合せください。