【お知らせ】リモートによる「ワークテスト、測定・評価、印字サービス」のご依頼受付中!機器選定のご相談も承っております。

3-Axis ハイブリッド レーザマーカ
MD-X シリーズ
3-Axis ハイブリッド レーザマーカ 標準エリアタイプ MD-X2500

仕様

型式

MD-X2500

種類

本体(コントローラ+ヘッド) 25 Wタイプ 標準エリアタイプ

コンソール(別売)

MC-P1

3D機能アドイン(別売)

MD-AD-3D

XYトラッキングアドイン(別売)

MD-AD-XYT

Zトラッキングアドイン(別売)

MD-AD-ZT

2Dコードリーダ アドイン(別売)

MD-AD-2DR/MD-AD-2DRA

印字方式

XYZ 3軸同時スキャニング方式

印字レーザ

種類

YVO4レーザ クラス4 レーザ製品(IEC/EN60825-1、JIS C6802、FDA(CDRH) Part 1040.10)*1

波長

1064 nm

出力

25 W

Qスイッチ周波数

CW(連続発振)、1 ~ 400 kHz

変位検知レーザ

半導体レーザ 波長683 nm 出力:5.0 mW クラス3R レーザ製品(IEC60825-1、JIS6802、FDA(CDRH) Part1040.10)*1

ガイドレーザ/ワークディスタンスポインタ

半導体レーザ 波長655 nm 出力:1.0 mW クラス2 レーザ製品(IEC60825-1、JIS6802、FDA(CDRH) Part1040.10)*1

マーキングスペース

125×125×42 mm

基準ワークディスタンス(±可変幅)

189 mm(±21 mm)

印字分解能

2 µm

スキャンスピード

最大12000 mm/s

印字種類

フォント

オリジナルフォント(数字・英文字・カタカナ・ひらがな・漢字)/ユーザフォント/TrueTypeフォント/OpenTypeフォント*2

バーコード

CODE39/ITF/2of5/NW7(CODABAR)/JAN/CODE128/EAN/UPC-A/UPC-E /CODE93

2次元コード

QRコード/マイクロQRコード/ DataMatrix(ECC200/GS1 DataMatrix)

GS1 DataBar

GS1 DataBar/GS1 DataBar CC-A/GS1 DataBar Stacked/GS1 DataBar Stacked CC-A/
GS1 DataBar Limited/GS1 DataBar Limited CC-A/ GS1 DataBar Truncated/ GS1 DataBar Truncated CC-A

ロゴ・イメージ

外字フォント・ロゴ(CAD)データ BMP/JPEG/PNG/TIFF

印字条件

ワーク状態

静止/移動(等速・エンコーダー)

印字サイズ(文字高さ/幅)

0.1~125 mm

ジョブ登録数

最大2000ジョブ

設定ブロック数

256ブロック

I/O入出力

端子台入出力/MIL コネクタ入出力/レーザ安全モジュール制御入出力*3

インターフェース

RS-232C/USB2.0/Ethernet (100BASE-TX/10BASE-T)*4

ヘッド設置方向

全方向

ヘッドケーブル長

4.3±0.1 m

冷却方式

強制空冷

適合法規制

EU指令(EMC指令、低電圧指令、RoHS指令)/EN規格(EN61010-1、EN60825-1、EN62471、EN55011、EN61000-6-2、EN50581)/
CSA規格およびUL規格(CAN/CSA C22.2 No.61010-1、UL61010-1)/北米規制(FCC Part 15B、ICES-001 Class A) /中国RoHS

定格電圧/消費電力

単相AC100 ~ 240 V ±10% 50/60 Hz 最大850 VA

耐環境性

保護構造

IP64 (ヘッド部)

輸送/保管周囲温度

-10~60℃(氷結しないこと)

使用周囲温度

0~40℃

輸送/保管周囲湿度

30~85%(結露しないこと)

使用周囲湿度

過電圧カテゴリ

汚染度

2

質量

コントローラ:23.0 kg
ヘッド:13.8 kg
コンソール:2.0 kg

*1 FDA(CDRH) のLaser Notice No.50 に従い、IEC60825-1の基準にてクラス分けを実施しています。
*2 TrueTypeフォントとOpenTypeフォントは「フォント埋め込み可能」属性が「インストール可能」または「編集可能」なフォントのみ対応しています。この属性は[コントロールパネル]-[フォント]のプロパティで確認することができます。
*3 レーザ安全モジュール(MD-C1)の装着時のみ
*4 USBポートはUSBメモリ・USBマウスポート・バーコードリーダ(Aコネクタ)、Marking Builder Plus(ActiveX)専用ポート(Bコネクタ)になります。EthernetポートはMarking Builder Plus(ActiveX) との通信とTCP/IP通信、PROFINET、EtherNet/ IP に対応しています。