三次元測定機なのに温度管理不要!現場に置いてノギス感覚で使える「XMシリーズ」詳細は こちら!

CMOS レーザセンサ
GV シリーズ
センサヘッド 中距離タイプ GV-H130L

仕様

型式

GV-H130L

種類

中距離タイプ

光源

可視光半導体レーザ 波長:655 nm

レーザクラス

FDA (CDRH)
Part 1040.10

class 1*1 最大0.22 mW

IEC 60825-1

class 1 最大0.22 mW

JIS C6802

検出距離 (アンプ表示値)

55 ~ 130 mm (750 ~ 0)*2

表示可能範囲

768 ~ -98

標準検出段差

1 mm

スポット径

約ø0.3 mm
(検出距離130 mmにて)

動作表示灯

制御出力:赤色LED、レーザ放射警告灯:緑色LED、1spot表示灯:緑色LED

耐環境性

保護構造

IP67

使用周囲温度

-10 ~ +50℃ (氷結しないこと)

使用周囲湿度

35 ~ 85%RH (結露しないこと)

使用周囲照度

白熱ランプ

5000ℓx

太陽光

10000ℓx

耐振動

10 ~ 55Hz 複振幅1.5 mm XYZ各軸2時間

材質

本体ケース:PBT、表示部:ポリアリレート、金属部:SUS304、レンズカバー:ガラス、ケーブル:PVC、パッキン:NBR

質量

約130 g*3

価格(\)

39,900

*1 FDA (CDRH)のLaser Notice No.50に従い、IEC60825-1の基準にてクラス分けを実施しています。
*2 検出距離に対する、距離表示を「nor」に設定した時のアンプ表示値の目安です。
*3 コネクタケーブルを含みます。

工場のセンサを原理別に解説

最適な機器選定を実現

判別変位センサの選び方

通信とネットワークを解説