三次元測定機なのに温度管理不要!現場に置いてノギス感覚で使える「XMシリーズ」詳細は こちら!

アンプ分離型近接センサ
ES シリーズ
アンプユニット 子機 NPN ES-M2

仕様

型式

ES-M2*1

種類

DCタイプ (ワンライン省配線対応)

形状

子機

動作形態

N.O./N.C.スイッチ切換

表示灯

出力表示:赤色 断線警報表示:黄色

タイマ機能

ディレイ10ms/タイマOFF*2

出力タイプ

NPN出力

出力

制御出力

NPNオープンコレクタ最大100mA40V以下残留電圧1V以下

断線警報出力

*3

応答時間

1ms以下

温度特性

0 ~ +50℃の温度範囲で+23℃時の検出距離の±8%以下

感度調整

25回転トリマ

保護回路

電源逆接続保護、出力過電流保護、サージ吸収

定格

電源電圧

DC12-24V リップル (P-P) 10%以下

消費電流 (電力)

25mA以下

耐環境性

使用周囲温度

0 ~ +50℃*4

使用周囲湿度

35 ~ 85%RH (結露しないこと)

質量

約35 g (コード2m付)

*1 ES -M1(P)/M2(P)はEH-422/430/440/290 と接続できません。
*2 動作形態N.O.時オフディレイ10ms、N.C.時オンディレイ10msとなります。
*3 ES-M2 (P)には断線警報出力はありません。
*4 増設される場合は、以下の条件によって使用周囲温度が変わります。増設する場合は、必ずDINレール (金属板)に取り付け、出力電流は20mA以下と
してください。
1 ~ 10台増設時 0 ~ +50℃
11 ~ 16台増設時 0 ~ +45℃

工場のセンサを原理別に解説

最適な機器選定を実現

判別変位センサの選び方

通信とネットワークを解説