輸出・海外規格

第2章 レーザ安全規格について

IEC60825-1- Safety of Laser Products

IEC60825-1

IEC60825-1は、レーザ製品の安全性を規定するIEC規格です。IEC加盟国では、この規格が各国の国家規格として採用され、日本でもIEC規格と整合したJIS C6802として発行されています。

IECレーザクラス分類

レーザクラス クラスの位置付け
Class 1 直接ビーム内観察を長時間行っても、またそのとき、観察用光学器具(ルーペ又は双眼鏡)を用いても安全であるレーザ製品。
Class 1M 裸眼(光学器具を用いない)で、直接ビーム内観察を長時間行っても安全であるレーザ製品。光学器具(ルーペ又は双眼鏡)を用いて観察すると、露光による目の障害が生じる可能性がある。クラス1M レーザの波長領域は、302.5nm~4000nmの間に限られている。
Class 2 400nm~700nmの波長範囲の可視光を放出するレーザ製品であって、瞬間的な被ばくのときは安全であるが、意図的にビーム内を凝視すると危険なレーザ製品。光学器具を用いても目に障害が生じるリスクは増加しない。
Class 2M 可視のレーザビームを出射するレーザ製品であって、(光学器具を用いない)裸眼に対してだけ短時間の被ばくが安全なレーザ製品。光学器具(ルーペ又は双眼鏡)を用いて観察すると、露光による目の障害が生じる可能性がある。
Class 3R 直接のビーム内観察を行うと、目に障害が生じる可能性があるが、そのリスクが比較的小さいレーザ製品。目に障害が生じるリスクは露光時間とともに増大し、また意図的に目に露光することは危険である。
Class 3B 目へのビーム内露光が生じると、偶然による短時間の露光でも、通常危険なレーザ製品。拡散反射光の観察は通常安全である。
Class 4 ビーム内観察及び皮膚への露光は危険であり、また拡散反射の観察も危険となる可能性があるレーザ製品。これらのレーザには、しばしば火災の危険性が伴う。

※医療用、診断用、美容用など、レーザ光を皮膚や人体内部の細胞に直接照射する用途を意図したレーザクラスとしてClass1Cが2014年に新設されていますが、用途が限定されていることから、ここでの詳細説明は割愛しています。

IEC構造要求事項

保護筐体

保護筐体とは、一般に製品の筐体を意味します。内部のレーザ光が外部に漏れないようにするための筐体(開口部を除く)であり、機械的強度を十分に維持できるものでなければなりません。

アクセスパネルおよびセーフティインターロック

アクセスパネルとは、カバーやドアなどの保護筐体の一部のことで、取り除いたり移動したりすると作業者がレーザ光にさらされることになります。セーフティインターロックとは、アクセスパネルに設置されなければならない安全保護装置のことで、作業者が操作中又はメンテナンス中にアクセスパネルを開放する構造になっている場合に、作業者が内部のレーザ光にさらされることを防止することを目的としています。

リモートインターロックコネクタ

リモートインターロックコネクタの機能は、コネクタのターミナルが開放された場合に放射されるレーザ光が、クラス1Mまたはクラス2Mを越えないように制御する機能です。

マニュアルリセット

マニュアルリセットの機能とは、リモートインターロックコネクタの機能によりレーザ放射が中断された後、手動でなければレーザ放射を再始動できないように制御する機能です。つまり、ある特定の手動による操作を経なければ、リモートインターロックコネクタを再度短絡したとしても、レーザ製品はレーザ放射停止状態を維持し、自動的に復帰することがありません。

キーコントロール

キーコントロールの機能は、キーが「ON」の位置にあるときのみレーザが放射される機能です。従って、キーが「ON」以外の位置にあるときには、レーザは放射されません。キーが取り外しできるのは、キーが「OFF」の位置にあるときだけです。

レーザ放射の放出警告

レーザ放射の放出警告の機能とは、レーザ製品からレーザが放射される可能性がある、或いは既にレーザ放射がなされていることを視覚的又は聴覚的手段で作業者に知らせる機能です。視覚的手段の場合、保護めがねを通しても認識可能でなければなりません。

ビーム終端器又は減衰器

ビーム終端器の機能とは、レーザ製品から放射されるレーザ光を終端する機能です。ビーム減衰器の機能とは、レーザ製品から放射されるレーザ光を規定のレベル以下に減衰させる機能です。

制御部

レーザ製品の調整及び操作のための制御部が、レーザ製品を操作する作業者がレーザ放射に直接さらされることがない位置に存在していることを意味しています。作業者がレーザ製品を操作する際に、レーザ放射にさらされなければ操作できないということを避けることを目的としています。

スキャニングセーフガード

スキャニングセーフガードの機能とは、走査系を有するレーザ製品のレーザ走査が故障した場合に、例えばレーザ走査を停止するなど、当該クラスのAELを越えないように制御する機能です。

警告ラベル/説明ラベル/開口ラベル

識警告ラベル/説明ラベル/開口ラベル

警告ラベルとは、以下の例に示す通り、レーザ光の危険性を示すシンボルマークです。説明ラベルとは、レーザクラスに応じて定められるラベルで、警告文、レーザの仕様およびレーザクラスの記述を明示するラベルです。
また、開口ラベルとは、レーザ光が外部へ放射される際に通過する保護筐体の開口部を明示するラベルです。以下は2007年版に基づく本ラベルの一例です。

IECクラス別構造要件

  Class 1 Class 1M Class 2 Class 2M Class 3R Class 3B Class 4
保護筐体
アクセスパネル
及びセーフティ
インターロック※1
リモート
インターロック
コネクタ
マニュアル
リセット
キー
コントロール
レーザ放射の
放出警告
ビーム終端器
又は減衰器
制御部
スキャニング
セーフガード※2
警告ラベル
説明ラベル
開口ラベル
アクセス
パネルラベル※3

○:当該クラスでは必須要求事項 -:当該クラスでは不要
△:以下注記参照し、条件に該当する場合に必須要求事項

  • ※1 保護筐体が取外し又は移動できない構造であれば、セーフティインターロックを設けなくても問題ありません。
  • ※2 走査系を有するレーザ製品であれば、レーザクラスに関係なく要求される構造要件です。
  • ※3 アクセスパネルを設けている(つまり保護筐体を開放することができる)製品で、開放された時に内部から放射されるレーザ光がClass1を越える場合に要求されるラベルです。
次ページ

海外でも安心!
キーエンスの海外サポート・サービス

海外でもキーエンス
サービス・拠点
海外でのサポート(お客様の声)

外国語総合カタログのご依頼

輸出該非判定書発行サービス

商品やサポート/現場改善のご相談

FAQ

キーエンスサイトTOP

海外でもキーエンス
サービス・拠点
海外でのサポート(お客様の声)
  • 外国語総合カタログのご依頼
  • 輸出該非判定書発行サービス
  • 商品やサポート/現場改善のご相談
  • FAQ
  • キーエンスサイトTOP
page top