【お知らせ】2人に1人にビジネスアイテムをプレゼント。「判別/有無センサ 検出・お困りごと相談キャンペーン」実施中!(9月30日締切)

ACサーボシステム
SV2 シリーズ

特性図

トルク‐回転速度特性

トルク-回転速度特性

注記

・電源電圧によって、短時間運転領域の特性は変動します。
・20mを超えるモータ電源ケーブルについては、電圧降下が大きくなり、短時間運転領域が狭くなります。

ページTOPへ

過負荷保護特性

過負荷検出レベルは、モータ周囲温度が55℃でホットスタートの条件での特性です。
検出時間に達すると、「過負荷(瞬時最大負荷)」アラーム(710)、または「過負荷(連続最大負荷)」アラーム(720)となります。
実際の過負荷検出レベルは、接続したサーボアンプとサーボモータの各々の過負荷保護特性のより低い検出レベルが優先されます。

サーボアンプ過負荷保護特性

サーボアンプ過負荷保護特性

サーボモータ過負荷保護特性

50W~750W

1kW~2kW

3kW~5kW

注記

上記の過負荷保護特性は、100%以上の出力の連続運転を保証するものではありません。
実効トルクが「トルクー回転速度特性」の連続運転領域内となるように、ご使用ください。

ページTOPへ