三次元測定機なのに温度管理不要!現場に置いてノギス感覚で使える「XMシリーズ」詳細は こちら!

プログラマブル コントローラ
KV-5000/3000 シリーズ
MV高速・省配線リンクユニット MV-L40

仕様

型式

MV-L40

一般仕様

電源電圧

KV-1000/700より供給 (DC24 V、Class2)

消費電流

120mA (KV-HPD1接続時 190mA)

保存温度

-20 ~ 70℃

耐ノイズ性

1500 Vp-p パルス幅1µs・50ns (ノイズシミュレータによる)
IEC規格準拠 (IEC61000-4-2/3/4/6)

耐電圧

AC1500 V 1分間 電源端子と入出力端子間、および外部端子一括とケース間

瞬断許容時間

2ms (CPUユニットに準じる)

耐振動

断続的な振動がある場合

周波数10~57Hz

振幅0.075mm*1

周波数57~150Hz

加速度9.8m/s2*1

連続的な振動がある場合

周波数10~57Hz

振幅0.035mm*1

周波数57~150Hz

加速度4.9m/s2*1

使用周囲温度

0 ~ +50℃ (氷結しないこと)

使用周囲湿度

35 ~ 85%RH (結露しないこと)

保存周囲温度

-20 ~ +70℃

使用雰囲気

塵埃、腐食性ガスがひどくないこと

絶縁抵抗

50MΩ以上 (DC500Vメガにて、CPUユニットの電源端子と入出力端子間、
および外部端子一括とケース間)

外形

90 (H)×35 (W)×80 (D)

質量

約180g

性能仕様

制御軸数

同時2 ~ 4軸 (直線補間)、独立4軸

接続可能CPUユニット

KV-1000/KV-700

最大連結台数

18台 (72軸) ※16台以上は、エクステンションユニットが必要。
ただし、エクステンションユニット使用時、3段目には接続不可

占有デバイス

(4軸)リレー 512点、データメモリ 1200ワード

制御モード

位置・速度・トルク・手動パルサ

位置制御

記憶ポイント

100ポイント (各軸)

位置設定単位

mm、deg (角度)、PLS (パルス数)、小数点位置0 ~ 7桁

位置設定範囲

-99999999 ~ +99999999

電子ギア

A/B倍 A=1 ~ 65535、B=1 ~ 65535

累積アドレス

-2147483648 ~ +2147483647パルス

1回動作アドレス

動作モード

絶対値位置決め、相対値位置決め、位置型速度制御、位置制御→定寸位置決め、位置型速度制御→定寸位置決め、2 ~ 4軸直線補間位置決め

速度設定数

16 (各軸)

速度設定範囲

1 ~ 99999999

加減速曲線

直線、正弦

加減速レート設定範囲

1 ~ 65000

加減速制御単位

2ms

連続動作

減速後待機、減速後即開始、減速せずに連続加減速

パレタイジング

相対量加算繰り返し、戻り機能

原点復帰方式

原点前センサを使用しない高速原点復帰方式
•[-] (マイナス)側リミットスイッチと原点センサの共用モード
• エンコーダZ相と原点センサのAND条件の有無
• 原点センサ中間点
• 原点センサエッジ検出
を選択可

Mコード出力

No.1 ~ 255、WITH/AFTERモード選択可

その他

バックラッシュ補正、ソフトリミット

速度制御

速度指令値

0 ~ 5000 (×1r/min単位)

加速時定数

0 ~ 24000ms

減速時定数

トルク制御

トルク指令値

0 ~ 5000 (×0.1%)

手動パルサ

電子ギア

A/B倍 A=1 ~ 65535、B=1 ~ 65535 指令倍率:1 ~ 63倍

入力パルス周波数

ラインドライバ入力時の値
max500kHz (1パルス入力および2パルス入力)
max450kHz (A相、B相パルス入力)
オープンコレクタ入力時の値
入力パルス方式によらず、max200kHz

入力パルス方式

• 1パルス入力 (パルス列入力+方向指令入力)
• 2パルス入力 (正転パルス列入力+逆転パルス列入力)
• A相、B相パルス入力

データバックアップ

パラメータ:フラッシュROMに10万回書き換え可能。 (次回電源投入時に
書き込み)
※書き込み時間:TYP 40s
以下のデータはスーパーキャパシタで2ヶ月保持 (+25℃にて)
• パラメータの設定値
• アラーム履歴
• KV-HPD1の前回電源OFF時の画面情報

ティーチング

JOG移動による現在座標ティーチング
• PLCデバイスによるティーチング
• MV LINK STUDIOによるティーチング
• 外部入力によるティーチング

アラーム表示

KV-HPD1、CPUユニットにアラーム表示

瞬断検出

電源の瞬断を検出して停止

自己診断機能

各種パラメータアラーム、アラームNo.、メッセージによる診断可

パラメータの設定

• KV-HPD1または、MV LINK STUDIOよりパラメータの設定が可能。
• データメモリの設定とリレーの制御によるパラメータ設定が可能。
• 各サーボアンプから、それぞれの軸のパラメータを設定可能

通信仕様

通信速度

5Mbit/s

符号方式

f、f/2符号化

制御方式

自律分散型トークンバス制御

通信電圧

5 V以下

通信サイクルタイム

2ms

通信媒体

専用ケーブル 2芯ツイストシールド付き (より線)

誤り制御

垂直パリティ、チェックサム、二重サンプリング、バーストノイズ検出

表示

SD、RD

価格(\)

98,000

*1 JIS B 3502 IEC61131-2に準拠
掃引回数:X・Y・Z各方向10回 (80分間)

通信とネットワークを解説

制御機器FAQ

安心のユーザーサポート

お問い合わせ内容 必須

氏名(姓)(必須)
氏名(名)(必須)
会社名、勤務先(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号(必須)
--
郵便番号(必須)
-
最新情報ご案内(任意)
承諾/すでに受け取っている

次へ

お急ぎの場合はお電話でもどうぞ
0120-587-877

個人情報・お客様情報保護方針