【新商品情報】 微細欠陥の検出能力を大幅強化した画像処理システム「XG-Xシリーズ」登場。詳細は こちら!

デジタルファイバアンプ
FS-N シリーズ
ファイバアンプ ゼロライン子機 FS-N10

仕様

型式

FS-N10

種類

ゼロライン

親機/子機

子機
(出力線なし)

制御出力

無し*1

応答時間

50µs(HIGH SPEED)/250µs(FINE)/500µs(TURBO)/1ms(SUPER)/4ms(ULTRA)/16ms(MEGA)

子機増設

16台まで可能(親機合計17台接続) ただし、2出力タイプは2台分扱い

光源

赤色4元素LED

APC機能

ON/OFF可能(工場出荷時はOFF)

干渉防止台数

HSP 0台、FINE 4台、TURBO/SUPER/ULTRA/MEGA 8台
(Double設定時は、干渉防止台数が2倍になります。)

定格

電源電圧

DC 12 - 24 V ±10 %、リップル (P-P) 10 % 以下

消費電力

通常時:900mW以下(24V時36mA以下 12V時48mA以下)*2
Eco on時:800mW以下(24V時32mA以下 12V時39mA以下)*2
Eco Full時:470mW以下(24V時19mA以下 12V時23mA以下)

耐環境性

使用周囲照度

白熱ランプ:20,000 lux 以下、太陽光:30,000 lux 以下

使用周囲温度

-20 ~ +55 ℃ (氷結しないこと)*3

使用周囲湿度

35 ~ 85 % RH (結露しないこと)

耐振動

10 ~ 55 Hz、複振幅 1.5 mm、X,Y,Z 各方向 2 時間

耐衝撃

500 m/s2、X,Y,Z 各方向 3 回

ケース材質

本体、カバーともにポリカーボネイト

質量

約 20 g

*1 ネットワーク通信ユニットNUシリーズに増設した場合、1出力としてカウントされます。
*2 High Speedモード使用時は、100mW(4.0mA)増加。
*3 1 ~ +2 台増設時:-20 ~ +55 ℃、3 ~ +10 台増設時:-20 ~ +50 ℃、11 ~ +16 台増設時:-20 ~ +45 ℃。
2 出力使用時は、1 台を 2 台分としてカウント。
なお、全ての温度規定は、DIN レール取り付け、金属板金に設置した状態のものです。

工場のセンサを原理別に解説

最適な機器選定を実現

判別変位センサの選び方

通信とネットワークを解説