【新商品情報】あらゆるワーク・シーンに対応可能な超ワイドレンジモデルが登場!超高精細インラインプロファイル測定器「LJ-X8000シリーズ」

CCD透過型デジタルレーザセンサ
IG シリーズ

エッジコントロール・位置決めモード+ 制御出力

測定範囲の端から測定対象物 (しゃ光体)のエッジまでの距離を測定します。

エッジポジションコントロールのF.B. 制御

ウェハのθ角位置決め制御用

サーボモータとの組み合わせで簡単制御(例)

レーザで計測したエッジ位置の情報を、アンプを通して制御機器にフィードバック。制御機器の種類に応じてアナログ出力、BCD出力、RS-232C出力を使用し、PLCを通さず制御可能です。

ページTOPへ

外径・幅測定モード+ 演算機能

測定対象物の外径や幅を測定します。

押出成型品の外形・変形測定

部品の外形測定

演算機能で簡単測定

チューブ材を2軸で測定することにより、外径異常や変形をリアルタイムで測定することができます。980µsの高速サンプリングですので、小さな異常も検出することが可能です。

ページTOPへ

内径・すき間測定モード+ 演算機能

測定対象物の内径やすき間を測定します。

圧延ローラギャップ測定

プレス打ち抜き材の径確認

演算機能で簡単測定

ローラ左右のギャップ量を測定することにより、製品の厚みを管理します。各種制御信号を出力することができますので、ギャップの自動制御も簡単に行なえます。

ページTOPへ

ガラスエッジモード + 演算機能

測定範囲の端から、測定対象物(ガラスなど)のエッジまでの距離を測定します。

ガラス基板の位置決め

透明シートのエッジコントロール

演算機能で簡単測定

アンプの親機ユニットは子機との演算が可能です。パネル等の位置決めを行なう場合に2つのヘッドのデータを演算することで、傾き方向のズレ量をアンプ内で計算することが可能です。

ページTOPへ

演算機能

2台のセンサを使用して、加算/減算を行ないます。

加算モード
(測定対象物が大きい場合)

減算モード
(段差や傾きなどを測定したい場合)

ページTOPへ

ピン位置測定モード

測定範囲の端から、円柱ワークなどの中心までの
距離を測定します。

ピン間隔判定モード

ピンが複数並ぶような測定対象物の、
ピンとピンの間(すき間)を全て(最大13)測定し、 公差範囲内か判定します。

ピン径判定モード

ピンが複数並ぶような測定対象物の、
全て(最大14)のピン径(直径)を測定し、
公差範囲内か判定します。

指定エッジ間測定モード

測定する対象物のエッジからエッジまでの距離を
測定します。測定する2つのエッジは指定します。