【新商品情報】 微細欠陥の検出能力を大幅強化した画像処理システム「XG-Xシリーズ」登場。詳細は こちら!

超小型デジタルレーザセンサ
LV-S シリーズ
アンプユニット 子機 NPN LV-12SB

仕様

型式

LV-12SB*1

種類

子機 (1ライン)

出力タイプ

NPN

制御出力

NPNオープンコレクタ×2ch DC40V以下 1出力100mA以下

応答時間

LV-S31以外

ULTRA

4 ms

SUPER

2 ms

TURBO

500 μs

FINE

250 μs

HSP

80 μs

LV-S31標準モード

500 μs

LV-S31標準モード

SPED2

2 ms

SPED3

8 ms

SPED4

32 ms

LV-S31高速モード

250 μs

制御入力

投光停止入力/外部チューニング/設定値バンク切換入力/受光量シフト入力

干渉防止台数

ULTRA

4台*2

SUPER

TURBO

2台*2

FINE

HSP

0台*2

子機増設

16台まで可能 (親機合計17台接続)*3

定格

電源電圧

DC 12 - 24 V、リップル (P-P) 10 % 以下、Class2*4

消費電力

通常

1.7W以下 (24V時 70mA以下)

エコハーフ エコオール

1.55W以下 (24V時 65mA以下)

耐環境性

使用周囲温度

-10 ~ +55 ℃ (氷結しないこと)*5

耐振動

10 ~ 55 Hz、複振幅 1.5 mm、X,Y,Z 各軸 2 時間

材質

本体

本体、カバー:ポリカーボネート

質量

約 80 g

価格(\)

29,900

*1 LV-S62/S63は型式末尾にB(BP)がつくタイプでなければ正常動作できません。
また、LV-S31/S61は型式末尾にA(AP)またはB(BP)がつくタイプでなければ正常動作できません。
*2 LV-S31の干渉防止台数は標準モードで4台、高速モードで2台です。
*3 増設される場合は、以下の条件によって使用周囲温度は変わります。増設する場合は、必ずDINレール (金属板に取り付けた状態)に取り付け、出力電流は20mA以下にしてください。1 ~ 2台増設時:-10℃ ~ +55℃ 3 ~ 10台増設時:-10℃ ~ +50℃ 11 ~ 16台増設時:-10℃ ~ +45℃
*4 8 台以上増設する場合は電源電圧を DC 24 V、リップル (P-P) 10 % 以下としてください。
*5 増設される場合は、以下の条件によって使用周囲温度は変わります。増設される場合は、必ず DIN レール (金属板に取り付けた状態) に取り付け、出力電流は 20 mA 以下にしてください。1 ~ +2 台増設時:-10 ~ +55 ℃、3 ~ +10 台増設時:-10 ~ +50 ℃、11 ~ +16 台増設時:-10 ~ +45 ℃

工場のセンサを原理別に解説

最適な機器選定を実現

判別変位センサの選び方

通信とネットワークを解説