三次元測定機なのに温度管理不要!現場に置いてノギス感覚で使える「XMシリーズ」詳細は こちら!

アンプ内蔵型ホワイトスポット光電センサ
LR-W シリーズ
ファイバ型 ケーブル引出しタイプ LR-WF10

仕様

型式

LR-WF10

種類

ファイバタイプ
2m ケーブルタイプ

検出距離

接続するファイバユニットによる。

最小スポットサイズ

応答時間

250µs/1ms/10ms/100ms/500ms 切換式*1*2

光源

白色LED

相互干渉低減機能

異周波設定で2台まで

タイマー

OFF/オンディレイ/オフディレイ/ワンショット

電源

電源電圧

DC 10~30V リップル(P-P)10%含む、Class2またはLPS

消費電流

DC24V 時 50mA 以下(負荷を除く)、
DC12V 時 90mA 以下(負荷を除く)
*3

入出力

制御出力

NPNオープンコレクタ/PNPオープンコレクタ 切換式
DC30V以下、50mA以下、残留電圧2V以下
N.O./N.C.切換式
*4

外部入力

チューニング/投光停止 切換式
短絡電流 NPN:1mA以下/PNP:2mA以下
印加電圧は取扱説明書の配線図を参照
入力時間は取扱説明書のタイムチャートを参照
*4

保護回路

電源逆接保護、電源サージ保護、出力過電流保護、出力サージ保護、出力逆接保護

耐環境性

保護構造

IP65(IEC60529)*5*6

使用周囲照度

白熱ランプ:10000 lx以下 太陽光:20000 lx以下

使用周囲温度

-20~+45℃(氷結しないこと)

使用周囲湿度

35~85%RH(結露しないこと)

耐衝撃

1,000m/s2 X,Y,Z各方向6回

耐振動

10~55Hz 複振幅1.5mm X,Y,Z各方向2時間

材質

ケース:亜鉛ダイカスト(ニッケル-クロムメッキ)、
表示灯カバー:PPSU、ボタン:PES、
ディスプレイ:傷防止コート付きPMMA、
ケーブルブッシュ:PBT、ケーブル:PVC、
ファイバ固定部:PBT・NBR・シリコーンゴム・SUS304・SUSXM7、
アダプタ:PBT

質量

約150g(ケーブル含む)

*1 異周波設定時は、応答時間が約20%遅くなります。
*2 IO-Link通信時、応答時間1ms以上で設定の場合、応答時間が約10%遅くなります。
*3 160mA以下(10V時、負荷を含む)
*4 IO-Link:Specification v.1.1/COM2(38.4kbps)に対応しています。詳細につきましては、最寄りの営業所までお問い合わせください。
*5 ファイバタイプ使用時、細径ファイバユニット(ケーブル外径がø1.3、ø1.0)を使用した場合の保護構造についてø1.3の末端を裂くタイプ(FU-4F/66/91/93/43/63/63Tなど)使用時はIP65を満足できません。上記以外の細径ファイバユニット使用時はIP65になります。
*6 細径ファイバユニット取り付け時に、防水アダプタA/Bを使用しなかった場合、保護構造IP65を満足できません。

工場のセンサを原理別に解説

最適な機器選定を実現

判別変位センサの選び方

通信とネットワークを解説