【新商品情報】位置がズレても、どこの場所でも、”高さ”で判別できる!カメラ内蔵レーザ変位センサ「IXシリーズ」誕生。

アンプ分離型光電センサ
PS-N シリーズ
マルチ出力ユニット NPN FS-MC8N

仕様

型式

FS-MC8N

出力タイプ

NPN

入出力数

個別制御出力:8、共通出力:1、共通入力:1

応答時間

接続された各子機の応答時間設定による

子機増設

増設台数:8 台まで可能 (ただし、2 出力タイプは 2 台分扱い)、許容通過電流:1,200 mA 以下

表示灯

STATUS 表示灯 (緑、赤の2 色表示)、MEMORY 表示灯 (橙色)、LOCK 表示灯 (橙色)

個別制御出力
共通出力

NPN オープンコレクタ30 V 以下 、1 出力20 mA 以下 、残留電圧1.4 V 以下

外部入力時間

接続された各子機の入力時間に 11 ms 追加

保護回路

電源逆接保護、出力逆接保護、出力過電流保護、出力サージ保護

電源

電源電圧

DC 10 ~ 30 V (リップル (P-P) 10 % 以下含む)、class2 またはLPS*1

消費電流

690 mW 以下 (単体時)、(24 V 時 26 mA 以下、12 V 時 38 mA 以下 (負荷電流を除く))*2

耐環境性

使用周囲温度

-20 ℃ ~ +55 ℃ (氷結しないこと)

耐振動

10 ~ 55 Hz、複振幅 1.5 mm、X, Y, Z 各方向 2 時間

耐衝撃

500 m/s2、X, Y, Z 各方向 3 回

ケース材質

本体、カバーともにポリカーボネイト

質量

約 110 g

*1 増設される子機の定格電源電圧に合わせてください。
*2 最大増設時の負荷込みでの消費電力は最大 38 Wです。