コイルばねの測定

輸送・全般
ねじには、中心径や外径・内径、線径・自由長・ピッチなど、多くの測定ポイントがあります。その中でも、線径の測定はコイリングの加圧によって変形している場合があり、公差の確認が重要です。また、小さなばねや線径が細いばねには繊細な測定が、内径に部品が入るばねは高精度な測定が必要になります。

測定における課題

使用する測定機器
ノギス・マイクロメーター・隙間ゲージ(場合によっては専用治具)
測定方法
中心径や外径・内径、線径・自由長は、ノギスまたはマイクロメーターで測定しています。ピッチはノギスまたは隙間ゲージで測定し、計算で値を求めています。
課題
  • ノギスはコイル部の1点しか測定できないので、コイル全体を高精度で測定する場合は、専用の検査治具が必要。
  • コイリング後の線径は、部分によって変形に差があり、全体を正確に測定することが困難。
  • 線径が細いばねの場合、ノギスや隙間ゲージでの測定は非常に困難。

改善事例

画像寸法測定器は、中心径や外径・内径、線径・自由長などを1度の操作で測定可能です。ピッチも同時に測定できるので、計算は不要です。また、線径が細いばねや小さなばねも、高精度な測定が簡単に行えます。
さらに、複数のばねを1度に測定できるので検査数を増やすことができ、受入検査から出荷検査まで品質管理に大きく貢献できます。

改善事例

ポイント
  • 測定が難しい内径や線径・ピッチまで、1度の操作で測定可能。
  • 繊細なばねでも高精度に測定可能。
  • 検査数を増やすことで品質向上に貢献。
最新の画像寸法測定器をカタログで詳しくご紹介します。
ダウンロードしてご確認ください。

ページトップへ戻る

  • 画像寸法測定器 IMシリーズ 商品詳細を見る
  • 測定に関するご相談や価格お問い合わせなどはこちらから

お問い合わせはお電話でも 0120-700-610 受付時間8:30~20:00(土日・祝日除く)

  • 画像寸法測定器 IMシリーズ 商品詳細を見る
  • “測定に関するご相談や価格お問い合わせなどはこちらから

お問い合わせはお電話でも 0120-700-610 受付時間8:30~20:00(土日・祝日除く)

HOMEHOME

寸法測定の課題解決