コネクタ端子の測定

従来の寸法測定器

従来の問題点・課題

従来の問題点・課題

複雑な曲げ加工の施されているコネクタ端子は曲げのRの大きさやRの中心の位置など、測定項目が非常に多く、測定に時間がかかります。
また、曲げの形状を輪郭で管理するケースが多く、輪郭の合わせ誤差が出たり、プレス打ちはじめと打ち終わりを比較するための輪郭データを管理したりと、非常に測定の課題は多いです。

画像寸法測定器 IMシリーズなら画像寸法測定器IMシリーズなら解決

画像寸法測定器IMシリーズ

  • 仮想線やRの中心位置の測定など複雑な測定項目でも、最大99か所まで一瞬で測定します。
  • 曲げ形状の理想=CADデータとの比較や、打ちはじめの曲げ形状を記憶させての比較も簡単にできます。

コネクタ端子

他の測定事例もみる

ページトップへ戻る

  • 画像寸法測定器 IMシリーズ 商品詳細を見る
  • 測定に関するご相談や価格お問い合わせなどはこちらから

お問い合わせはお電話でも 0120-700-610 受付時間8:30~20:00(土日・祝日除く)

  • 画像寸法測定器 IMシリーズ 商品詳細を見る
  • “測定に関するご相談や価格お問い合わせなどはこちらから

お問い合わせはお電話でも 0120-700-610 受付時間8:30~20:00(土日・祝日除く)

HOMEHOME

寸法測定の課題解決