それぞれの現場に合ったIoT

エッジIoT

装置とサーバの中間にIPCやPCを配置し、データの一次処理を行うことで
サーバの負担増やフィードバックの遅延を改善する、エッジコンピューティングの技術。
キーエンスがご提案する“エッジIoT”は、これをさらに一歩進め
設備の制御からエッジ処理までを汎用PLC KV-7000シリーズ1台で実現します。

従来01

ビッグデータをサーバで処理するいままでのIoT

ビッグデータをサーバで処理する いままでのIoT
ビッグデータをサーバで処理する いままでのIoT
閉じる

従来02

データをIPC・PCで一次処理するエッジコンピューティング

データをIPC・PCで一次処理する エッジコンピューティング
データをIPC・PCで一次処理する エッジコンピューティング
閉じる

KEYENCE
ORIGINAL

データを「汎用PLC」で一次処理するエッジIoT

データを「汎用PLC」で一次処理する エッジIoT
データを「汎用PLC」で一次処理する エッジIoT
閉じる