せんべいの外観検査(割れ・欠け)

せんべいの割れ・欠けなど外観の自動全数検査を行います。外観品質を維持することで、製品の割れ・欠けなどによる出荷・販売後の市場クレームの発生を未然に防ぎます。

従来の課題

目視による外観検査ではヒューマンエラーによる見落としが発生します。カメラを使った検査では、せんべいの焼きムラや形状の凹凸からできる陰影によって、割れ・欠けなどの異常箇所が判別できませんでした。

解決

ブルーレーザを採用した光切断方式のプロファイル測定器であれば、コンベアの動きを止めずに、高さ情報を用いた3次元検査が可能です。簡単な設定で製品自体の形状による凹凸と、割れ・欠けなどの外観不良を区別しながら高度かつ高速な自動全数検査が実現します。
また、焼きムラなど対象物表面の状態に影響されず、製品の位置ズレに対しても全方向位置補正機能により安定した測定が可能です。

3次元形状
NG判定

選定のポイント

“動いているワークも測定可能”なプロファイル測定器「LJ-X8000シリーズ」は、
自動全数検査のさまざまな課題を3次元検査で解決します。
詳細はカタログをダウンロードしてご覧ください。