【新商品情報】 “面光電”センサ「AIシリーズ」誕生! 面で検出し、絵で捉える。だから、ズレてもOK、判別も可能。詳細は こちら



マイクロスコープ(デジタル顕微鏡)とは・・・

一般的に「光学顕微鏡」と呼ばれる顕微鏡は接眼レンズを覗いて肉眼で観察する光学式顕微鏡を指します。
一方、マイクロスコープ(デジタル顕微鏡)には接眼レンズが無く、代わりにカメラを搭載してモニタに拡大像を写し出します。
肉眼で観察する顕微鏡とは異なり、モニタ上で観察できるので、「複数の人が同時に観察でき、情報共有がはかりやすい」という点がマイクロスコープの利点の一つでもあります。

代表的な商品のご紹介

洗練された使いやすさ デジタルマイクロスコープ VHX-5000

マイクロスコープ(デジタル顕微鏡)の利点1

一般的な光学顕微鏡に比べ、マイクロスコープは被写界深度が深いという利点があります。
被写界深度とは、レンズで立体物を写したときのピントの合う幅をいいます。
被写界深度(ピントの合う幅)が深いと、凹凸のある対象物を観察してもピントの合う範囲が広いので観察しやすく、正確に素早く全体を観察できるというメリットがあります。

マイクロスコープ(デジタル顕微鏡)の利点2

マイクロスコープの利点として「観察距離が長い」という特長があります。
観察距離とは、ワーキングディスタンス( WD)ともいい、レンズ部の先端(照明アダプタなどを含む)から対象物までの距離のことをいいます。
観察距離が長ければ、その分、対象物の奥まった箇所を観察でき、レンズを傾けて観察する場合でも、レンズが対象物やステージ面にぶつかることなく観察することができます。

マイクロスコープ(デジタル顕微鏡)の利点3

光学式顕微鏡の多くはレンズの交換・倍率の変更にレボルバ方式を採用しています。
レボルバ方式・・・固定レンズを何本か取り付け、回転によってレンズを切り替える方式

一方、マイクロスコープはズームレンズを採用したものが一般的です。
ズームレンズはズームリングを回転するだけでレンズ倍率を変更できます。
レボルバ方式はレンズごとに観察距離が違うと倍率を変更する度に、視野合わせやピント調整が必要となります。

キーエンスのマイクロスコープ ラインナップ

VHX-6000シリーズ

デジタルマイクロスコープ
VHX-6000シリーズ

今までにない見え方。今までにない立体感。さらに進化したデジタルマイクロスコープ

詳細はこちら カタログ

VHX-5000シリーズ

デジタルマイクロスコープ
VHX-5000シリーズ

ピント調整が不要になったハイエンドデジタル顕微鏡。 第4世代マイクロスコープ

詳細はこちら カタログ

VHX-900Fシリーズ

デジタルマイクロスコープ
VHX-900Fシリーズ

マイクロスコープの基本性能をより直感的に。 かんたん操作で使えるデジタル顕微鏡

詳細はこちら カタログ

VHレンズシリーズ

専用レンズラインナップ
VHレンズシリーズ

あらゆる観察ニーズを満たす豊富なマイクロスコープレンズラインナップ

詳細はこちら カタログ
  • その他(マイクロスコープ)
    その他(マイクロスコープ)

    その他商品のご案内

    詳細はこちら

他の商品シリーズ