韓国編

韓国編

信頼関係を築くために覚えておきたい、韓国のビジネスマナー

信頼関係を築くために覚えておきたい、韓国のビジネスマナー イメージ

韓国は儒教の教えが根付いているため、年齢が上の人や役職が上の人を敬い家族や血縁を大切にします。日本も年上の方を敬う国民性ですが、韓国の方がはるかに厳しいようです。信頼関係を築くために、韓国のマナーをしっかり把握しておきましょう。

挨拶時のマナー

韓国の方に挨拶をする際、初対面で年齢を聞かれることがあります。これは、年齢によって言葉使いや態度を変えなくてはならない韓国のお国柄によるものです。
韓国の挨拶は、握手やお辞儀ですが、年配の方は握手よりお辞儀を好まれるようです。まず、地位や年齢が下の者が先に頭を下げます。
逆に、握手をする時は、目上の人が手を差し出すまで待ちましょう。女性や目上の方に、先に手を出すと嫌がられます。握手は右手で行い、左手を右手の肘に軽く添え両手でします。
名刺交換の時も、両手で受け取り、失礼のないように。韓国では、名刺交換を会う方全員とするので、たくさん持って行った方がよい! と多くのビジネスパーソンが実感しているようです。

上下関係によるマナー

韓国では、上下関係を常に頭において仕事をしましょう。相手の方は、「名前、役職、様( ニム )」で呼びます。
外国の方の名前は難しいもの。もし読めない時は、名刺交換の際などにしっかり確認しておくことが大切です。自分の名刺にも役職をわかりやすく書いておくと良いでしょう。相手の方が同じ程度の役職であっても、年齢が上なら敬意を表します。
日本と違う点は、外部の方に自分の会社の上司のことや親のことを話すときでも、敬語を使う点。上司の名前を言う時も「ニム」を付けることをお忘れなく。
そして、ついやりがちなのが、年配者より先に席を立つことです。気を使って席をサッと立ったつもりが、嫌がられてしまうことも。また、商談に集中しすぎて、目上の方の目をじっと見てはなすことも失礼にあたります。
車移動の際は、助手席の後ろが上席です。くれぐれも座らないようにしましょう。

会食時のマナー

韓国では、会食はビジネスにおいて大切なものと考えられています。座席の上座下座のマナーは日本と同じで、一番奥の席が上座、入り口に近い方が下座になります。飲み物も食べ物も目上の方が口をつけるまで、飲んだり食べたりしてはいけません。

いかがでしたか?
韓国では、上下関係の厳しさがマナーにも影響しています。ビジネスのさまざまなシーンにおいて、少し気にかけて行動するだけで一段と好感度が上がり、良好な信頼関係を築くことができるはずです。

海外でも安心!
キーエンスの海外サポート・サービス

海外でもキーエンス
サービス・拠点
海外でのサポート(お客様の声)

外国語総合カタログのご依頼

FA用語 翻訳辞典

商品やサポート/現場改善のご相談

海外でもキーエンス
サービス・拠点
海外でのサポート(お客様の声)
  • 外国語総合カタログのご依頼
  • FA用語 翻訳辞典
  • 商品やサポート/現場改善のご相談
page top