【新商品情報】 高精度に“瞬間3D測定”白色干渉3D変位計「WI-5000シリーズ」発売。詳細は こちら!

コリオリ式デジタル流量センサ
FD-S シリーズ
本体 超微少流量タイプ 1L/min FD-SF1

仕様

型式

FD-SF1*1*2

種類

超微少流量タイプ

定格流量範囲

0~1000mL/min*3

使用可能流体

液体(PFAを腐食しない液体)

密度指定範囲

0.300~2.000g/cm3

低密度ゼロカット

初期値0.50g/cm3(0.01~2.00g/cm3の間で変更可能)*4

ゼロカット流量 初期値

50mL/min*5

ゼロカット流量

0~2000mL/min*5

プロセス接続口径(PFA チューブエンド)

4×3mm

チューブ内径

ø3.0mmループ

使用流体温度

10~60℃(凍結なきこと)

使用圧力範囲

1MPa以下(25℃)*6

耐圧力

1.5MPa以下(25℃)*6

圧力損失

水:粘度1cSt、FSのとき

0.035MPa以下

表示方式

(なし) 設定・表示パネル:FD-SA**A に接続して使用

動作表示灯

アラーム表示灯:赤・緑LED(赤点灯:アラーム、緑点灯:電源)
ステータス表示灯:赤・緑LED(赤点灯:振動警告、緑点灯:満水(正常)、緑点滅:気泡混入警告、緑消灯:乾水状態)

表示分解能

スタンダードモード

1mL/min(rESoモード時)

フォーカスモード

0.1mL/min*7(rESo モード時)

精度

直線性

50~100% of F.S.流量 ±1% of Rdg(指示値)
20~50% of F.S.流量 ±2% of Rdg(指示値)
0~20% of F.S.流量 ±0.4% of F.S.
再現性(フォーカスモードにて)0~50mL/min:±1mL/min*8

ゼロ点安定性

±1% of F.S.*8*9

応差 (ヒステリシス)

可変

応答時間 (チャタリング防止機能)

50ms/100ms/500ms/1s/2.5s/5s/10s/30s/60s 可変

積算表示単位

スタンダードモード

0.1/1/10/100/1000/10000(mL)から選択可能

フォーカスモード

0.01/0.1/1/10/100/1000(mL)から選択可能*7

積算データ記憶周期

10秒ごとにメモリに書き込み

メモリバックアップ

EEPROM(データ記憶期間:10年以上、データ書き換え可能回数:100万回以上)

制御出力/積算パルス出力/異常警報出力

FD-SA**Aより出力
(NPN/PNPオープンコレクタ最大100mA/ch(NPN:40V以下、PNP:30V以下)、残留電圧1V以下)

積算リセット/バンク切換

FD-SA**Aより入力(無電圧入力(有接点、無接点)入力時間20ms以上 )

アナログ出力

FD-SA**A より出力(4-20mA 最大負荷抵抗260Ωアナログ出力レンジを任意に設定可能 )

電源電圧

FD-SA**A より供給

消費電力(消費電流)

保護構造

IP65

耐環境性

使用周囲温度

0~+60℃(氷結しないこと)

使用周囲湿度

35~85%RH(結露しないこと)

耐振動

10~55Hz 複振幅0.075mm X、Y、Z、各方向2時間

材質

接液部

スーパーPFA

接液部以外

ケース樹脂部:PEI、ケーブル:PVC

付属品

取扱説明書

質量

約700g

*1 並べて使用する場合、別途規定する間隔をあけて設置してください。
*2 FD-SF1/FD-SF8にFD-SA** は使用できません。FD-SA**A を使用してください。
*3 定格流量範囲の2倍まで表示可能。フォーカスモード使用時は定格流量範囲は変更ありませんが流量表示範囲はFD-SF1:0~400mL/min 、FD-SF8:0~4000mL/min
*4 低密度カット以下のとき、流量は0L/min 表示になります。低密度カットは積算流量に反映されます。
*5 ゼロカット流量以下の流量は0L/min表示になります。ゼロカットは積算流量に反映されます。フォーカスモード使用時はゼロカット流量初期値はFD-SF1:10.0 mL/min 、FD-SF8:100mL/min
*6 25℃以上はディレーティング直線に従ってください。ウォーターハンマー等の圧力変動も使用圧力範囲内としてください。
*7 フォーカスモード使用時は瞬時流量表示範囲はFD-SF1:0~400mL/min 、FD-SF8:0~4000mL/min
*8 F.S.(フルスケール)は、定格流量を示し、Rdgは瞬時流量表示を示します。精度については、出荷時調整設備において、25℃で30 秒間の積算量の誤差により規定しています。
フォーカスモード使用時の精度は通常時と同じです。フォーカスモード使用時もF.S. はFD-SF1:1L/min、FD-SF8:8L/minで算出
*9 定期的なゼロ点調整によりキャンセルできます。

種類や原理、トラブル事例など

最適な機器選定を実現

通信とネットワークを解説

どのようなご要望をお持ちですか? 必須
お問い合わせ内容

氏名(姓)(必須)
氏名(名)(必須)
会社名、勤務先(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号(必須)
--
郵便番号(必須)
-
最新情報ご案内(任意)
承諾/すでに受け取っている

次へ

お急ぎの場合はお電話でもどうぞ
0120-100-441

個人情報・お客様情報保護方針