【新商品情報】 微細欠陥の検出能力を大幅強化した画像処理システム「XG-Xシリーズ」登場。詳細は こちら!

汎用タイプデジタルレーザセンサ
LV-N シリーズ
アンプユニット ケーブルタイプ 親機 NPN LV-N11N

仕様

型式

LV-N11N

種類

2出力

出力タイプ

NPN

ケーブル/コネクタ

ケーブル

親機/子機

親機

入出力

制御出力

2出力

外部入力

1入力

モニタ出力

なし

応答時間

80µs(HIGH SPEED)/250µs(FINE)/500µs(TURBO)/1ms(SUPER)/4ms(ULTRA)/16ms(MEGA) *1

出力切換

入光時ON/しゃ光時ON切換

タイマ機能

タイマOFF/OFFディレイ/ONディレイ/ワンショット
タイマ時間可変(1ms~9999ms)
設定値に対する最大誤差は±10%以下

制御出力

NPNオープンコレクタ30V 残留電圧1V以下(出力電流10mA以下時)/2V以下(出力電流10~100mA 時)
(単体使用時) 1出力最大100mA以下、2出力合計100mA以下
(増設時) 1出力あたり20mA以下

モニタ出力

外部入力時間

入力時間2ms(ON)/20ms(OFF)以上*2

子機増設

親機合計17台接続 ただし2出力タイプは2台分扱い

保護回路

電源逆接保護、出力過電流保護、出力サージ保護

干渉防止台数

LV-S31以外接続時:HIGH SPEED 0台、FINE/TURBO/SUPER 2台、ULTRA/MEGA 4台
LV-S31接続時:FINE 2台、TURBO/SUPER/ULTRA/MEGA 4台*3

ケース寸法

H32.6mm×W9.8mm×L78.7mm

定格

電源電圧

DC 24 V (動作電圧 DC 10 - 30 V (リップル含む))、リップル (P-P) 10 % 以下、class2 または LPS*4*5

消費電力

通常時:830mW以下(30V時 24V時30mA以下 12V時56mA以下)*6
Eco on時:710mW以下(30V時 24V時26mA以下 12V時48mA以下)*6
Eco full時:550mW以下(30V時 24V時21mA以下 12V時40mA以下)
*7

耐環境性

使用周囲温度

-20 ~ +55 ℃ (氷結しないこと)*8

使用周囲湿度

35 ~ 85 % RH (結露しないこと)

耐振動

10 ~ 55 Hz、複振幅 1.5 mm、X,Y,Z 各方向 2 時間

耐衝撃

500 m/s2、X,Y,Z 各方向 3 回

材質

ケーブル

PVC

ケース

本体、カバーともにポリカーボネイト

質量

約 75 g

*1 LV-S31/S62/S63接続時は80µs選択不可
*2 外部チューニング入力選択時のみ入力時間25ms(ON)/25ms(OFF)となります。
*3 DOUBLE設定時は、干渉防止台数が2倍になります。
*4 定格 30 V 以上、1A 以下の過電流保護装置を使用してください。
*5 9 台以上増設する場合は、電源電圧を 20 V 以上にしてください。
*6 HIGH SPEEDモード使用時は、30mW(1mA)増加。
*7 LV-NH100/NH110/NH300接続時は15%増加します。負荷の消費電力は含みません。子機増設時の消費電力は、各アンプユニットの消費電力を合計した値になります。
例:親機(LV-N11N)1台に、子機(LV-N12N)2台を増設してそれぞれLV-NH100を接続してHIGH SPEEDモードで使用する場合(1.15×860mW×1)+(1.15×860mW×2)=最大2967mW。
*8 増設される場合は、以下の条件によって使用周囲温度は変わります。増設する場合は、必ず DIN レール (金属板に取り付けた状態) に取り付け、出力電流は 20 mA/台以下としてください。
1 ~ +2 台増設時:-20 ~ +55 ℃、3 ~ +10 台増設時:-20 ~ +50 ℃、11 ~ +16 台増設時:-20 ~ +45 ℃、2 出力タイプ使用時は、1 台を 2 台分としてカウントします。

規格

UL Listing(c/us)

UL認証に対応するセンサヘッドについてはお問い合わせください。

工場のセンサを原理別に解説

最適な機器選定を実現

判別変位センサの選び方

通信とネットワークを解説