【新商品情報】  “面光電”センサ「AIシリーズ」誕生! 面で検出し、絵で捉える。だから、ズレてもOK、判別も可能。詳細は こちら!

汎用タイプデジタルレーザセンサ
LV-N シリーズ

ヘッドラインナップ

LV-neo LINE UP

難しい条件も解決するレーザヘッドバリエーション

反射型 スポットタイプ 小型 LV-S41長距離小スポットをファイバセンササイズで実現。 小型サイドビュー LV-S41L長距離スポットの小型サイドビューで、省スペース。 スポット可変 LV-NH32検出距離は1.2mまで。どの距離でもスポット可変。 同軸構造 LV-NH35穴越しや狭い隙間を狙う検出に有効。 極小スポットφ50μm LV-NH37シリーズ中最少スポット。 距離設定 LV-S312分割PDを使用。ワークや背景による影響が少ない。 エリアタイプ 長距離 LV-NH42ワークがばらつく時などは、エリア検出が有効。

回帰反射型 スポットタイプ 小型 LV-S61500mmまでφ2.5の小スポット。これをファイバセンササイズで実現。 標準 LV-NH621mまでφ1.5の小スポット。最大8mまで検出可能な同軸型。 エリアタイプ 平行光エリア LV-S62透明体検出の弱点を追究。エリア・小スポット切替可。 長距離透明体検出 LV-S6335m検出可能ながら透明体も安定検出。

透過型 スポットタイプ 小型:M6 LV-S71ファイバサイズで距離500mmでφ1.2の小スポット。 小型:M6(スリット付) LV-S72距離500mmでφ6mmも受光側にスリットを採用。高精度判別が可能。 エリアタイプ 10mm幅 LV-NH100エリア10mmの平行光。高さ検出や蛇行検出に有効。 30mm幅 LV-NH30010mmタイプの3台分の役割を担う。 ハイパワー10mm幅 LV-NH110僅かな穴でも透過して受光量を確保。

20言語対応 設定だけを、わかりやすく解説 センサ設定ガイド

最適な機器選定を実現

判別変位センサの選び方

通信とネットワークを解説