用語解説

基礎編

スマートファクトリー(スマート工場)よみ:すまーとふぁくとりー(すまーとこうじょう)

スマートファクトリー(スマート工場)とは、製造現場のFA機器がつながった工場を意味する和製英語です。あらゆるFA機器の稼働状況をネットワークを介して把握・蓄積。各FA機器を効率的に稼働させることで、最大の利益を産み出す工場を実現します。2010年、清 威人氏が著書『スマート・ファクトリー 戦略的「工場マネジメント」の処方箋』の中で、工場のネットワーク化を提唱したことから、「スマートファクトリー」や「スマート工場」といった言葉や概念が、日本国内に流布したといわれています。
具体例としては、将来の「製造業のモノのインターネット(IIoT)」を実現するうえで欠かせない、各工程の機器やセンサ、測定器から得たデータを有効活用し、生産や経営全体を最適化する工場の環境を指します。

タグ :
FA
  • "現場"に合ったIoTを。 IoTソリューションサイト
  • センサのネットワーク化事例をご紹介 業界別センサIoT活用事例サイト