用語解説

基礎編

IoTデバイスよみ:あいおーてぃーでばいす、英字:IoT device

IoTデバイスとは、機器同士やローカルのネットワーク、またはインターネットで接続し、情報や制御のやりとりをする、IoT(モノのインターネット)における「モノ」にあたります。
「モノ」には、スマートフォンやパソコン、タブレットのように直接クラウドに接続する情報端末などがあります。また、それら情報端末に対して無線接続するスピーカや照明、空調機器のような家電製品、スマートウォッチのようなウェアラブル機器なども含まれます。
製造業などの産業においては、工場のFA機器に設置されたセンサや高精度カメラ、変位計など、やりとりするデータの容量や多彩さから、データを処理する中継機器(IoTゲートウェイエッジコンピューティングフォグコンピューティング機器)を介してインターネット接続することが主流となります。
細分化・低コスト化するIoTデバイスですが、安価なデバイスの脆弱性を狙ったサイバー攻撃はシステムダウンを招く危険性があるといわれており、セキュリティ強化も課題となっています。

  • "現場"に合ったIoTを。 IoTソリューションサイト
  • センサのネットワーク化事例をご紹介 業界別センサIoT活用事例サイト