「機械安全」の考え方

安全はものづくりの基本です。
働く人の安全を確保することは、ものづくりの基本であり、企業が最優先に取り組むべきことです。安全対策は、働く人の生命や健康を守るばかりでなく、生産性の向上はもちろん、企業内の士気を高め、働く人どうしの信頼感の向上につながることが期待されます。

企業と安全対策の関係

安全な作業環境であれば、働く人は生きがいを持ち、能力を向上できます。
また、ご家族も安心して働く人を会社に送り出せます。つまり、安全への取り組みは、ものづくりの基本といえます。
また同時に、良い製品を製造することと、安全対策は切り離せないものであり、企業のマネジメントのレベルを示す重要な指標であるといえます。

安全対策としての機械安全

職場での安全対策には、さまざまなアプローチがありますが、その1つが「機械安全」です。

「機械安全」とは、機械が壊れても、人が間違えても、技術によって安全を確立する考え方です。具体的には、機械の設計や安全防護(安全装置)などの機械本体に関わる安全を指します。
もちろん、機械設計の段階で安全機能が備わっていれば理想的です。しかし、安全対策としては万全であっても、機械自体のコストの増加や作業性の低下などの弊害も懸念されます。
一方、既存の設備に安全機能を追加する対策は、現状のシステムに合わせた機能の付与であるため、生産性を損なわず安全を確保する、「現場に根差した安全対策」といえます。

機械安全を実現する安全装置の例

付与する機能と具体的な安全装置の例としては、以下のものなどが挙げられます。

これらの装置には、速い応答速度や高い検知能力が求められます。また、設置や接続などの取り扱いが簡単であること、異常や正常などの表示が視覚的に捉えやすいなどといった機能を備えていることも重要です。

事例を探す
侵入を検知する事例
存在を検知する事例
侵入と存在両方
を検知する事例