安全対策事例

製造現場での災害原因には、「装置が稼動しているときに、つい手を出してしまう」といったケースが多く、装置にトラブルが生じた際に急いで対処しようとして装置に近づき被災しています。そして、このような災害は、熱心に働く作業者ほど起こしやすいといえます。

また、製造現場の装置は不意に動き出すこともあります。この場合、作業者の注意力で対処することは困難であるにもかかわらず、「気を付ければ大丈夫」と思ってしまうなどの問題も見られます。

このような装置による災害を撲滅するためには、作業者の万一の操作に対する対策が重要です。安全対策には、これさえやっておけば大丈夫というものはありません。しかし、必ず押さえるべきポイントはあります。そこで、危険源への「侵入の検知」と危険区域の「存在の検知」を中心に、安全機器を用いた安全対策の事例を紹介します。

事例一覧