自動車業界の対策例

樹脂部品の型残り防止

  • 詰まり、貼り付き、飛び散り

成形品は静電気が非常に発生しやすく、それにより部品が金型に貼り付くことがあります。金型から落ち、廃棄に回るコストや、金型から作業者がはがす工数がかさみます。除電器を用いることで型残りを防止できます。

電子基板の静電破壊防止

  • 静電破壊

セル工程で電子基板を扱う時に、剥離・摩擦動作に伴い静電気が発生します。アース対策や導電化などを行っても、部品の剥離時や中空での作業時などは、それらの対策だけでは効果が不十分です。除電器を用いることで静電気対策効果を向上します。

削り加工カス付着防止

  • 異物付着

インパネなど樹脂部品を切削加工する時に加工クズが部品にまとわりつきます。クズがついたままだと傷になるため、きれいに吹き飛ばす必要があります。除電器とエアを用いることでクズを吹き飛ばします。

バンパー塗装時の除電

  • 異物付着

バンパーを成形し塗装工程に搬送する途中、異物付着が発生することがあります。塗装品質基準をクリアするためワイピング作業工数が多大になり、最悪廃棄となることがありますが、除電器を用いることで異物付着を防止できます。

お気軽にお問い合わせください

0120-247-547

受付時間 8:30~20:00
(土日・祝日除く)