各パーツの精度が性能・品質・耐久性に直結するベアリング(軸受)の外観検査は重要です。シールや内輪・外輪の表面に打痕がある場合、内部のボールやリテーナーに干渉し、性能・品質を損なう場合があります。3次元情報を用いて、従来は困難だった打痕も検査します。

従来の課題

従来のエリアカメラによる2次元検査では、照明条件を工夫することで、表面の傷や刻印の検査は可能でした。しかし、打痕のような表面の緩やかな凹みを検出できないことが課題でした。

2次元検査
刻印や傷は検査できるが、緩やかな凹みの検出は不可能。

解決

パターンプロジェクション方式の3次元カメラであれば、内蔵カメラで撮像した2次元の濃淡情報に加え、高さ情報を用いた3次元形状を同時に検査することができます。それにより、従来の2次元検査では困難だった、線傷や緩やかな凹みを検出可能なため、打痕と刻印品質・文字認識(OCR)の安定した自動全数検査が実現します。

3次元検査
高さ情報を用い、打痕や線傷など浅く緩やかな凹みも検出可能。

選定のポイント

広視野を”実寸”で捉える「XTカメラ」は、
自動全数検査のさまざまな課題を3次元検査で解決します。
詳細はカタログをダウンロードしてご覧ください。