ギア(歯車)の打痕検査

ギア(ギヤ・歯車)の打痕や溝欠けを検査します。歯に打痕や欠けがあった場合、噛み合い不良が起こると同時に耐久性も低下します。切削・鍛造・焼結などギアの製造工法により打痕の原因は異なりますが、いずれの工法においても、品質担保には安定した自動全数検査が不可欠です。

従来の課題

目視検査では、作業者による見落としや判断基準の曖昧さ、コスト増加が課題でした。
画像センサによる2次元撮像の場合、奥行きや段差・傾斜面、また、ギアが偏心して回転している状態では、ワークとセンサの距離変動によりピントが合いませんでした。また、ワークの汚れと打痕を判別できないなど数々の課題がありました。

解決

ブルーレーザを採用した光切断方式のプロファイル測定器なら、回転しているワークであっても、2次元断面形状(プロファイル)データを高速かつ安定して取得可能です。そのプロファイルデータを3次元画像処理することで、ワークの3次元形状を高精度に解析します。また、回転させたギアの偏心によりセンサヘッドとワークの距離が変動しても、安定した自動全数検査が可能です。

ワークの形状を問わず、溝や打痕を高精度に検出可能

選定のポイント

“動いているワークも測定可能”なプロファイル測定器「LJ-X8000シリーズ」は、
自動全数検査のさまざまな課題を3次元検査で解決します。
詳細はカタログをダウンロードしてご覧ください。