【お知らせ】2人に1人にビジネスアイテムをプレゼント。「データロガー/レコーダ お見積もり・ご相談キャンペーン」実施中!(9月30日締切)

ハイブリッド型ステッピングモータ
QS シリーズ

PLCから簡単に制御したい 通信プログラム不要/パラメータ一括管理 上位PLCとの高い親和性 通信プログラム不要 パラメーター括管理

上位PLCとの高い親和性

通信プログラム不要

通信プロトコルを意識せずに、接続機種をQSシリーズに設定するだけで簡単にKVと通信できるので、通信用のラダープログラムの作成や通信確認作業が不要です。

位置決め感覚のパラメータ方式

位置決め関連の設定は、専用のパラメータ設定画面を用意しているので、位置決め感覚で直感的に設定ができます。また、1軸あたり64ポイントまで設定が可能です。

試運転ダイアログで動作確認

プログラム作成前に、試運転ダイアログでJOG運転やポイント運転ができるので、接続確認や動作確認が容易です。

全軸同時位置決め制御

通信型位置決めユニット KV-LH20Vの詳細はこちら

接続している全軸に対して同時に位置決め開始指令を送信可能。同時起動が必要な用途でも対応できます。

位置決め設定・モニタ画面を用意

VT3シリーズ画面カタログの詳細はこちら

VT3シリーズでは、QSシリーズ用の試運転画面や運転モニタ画面各種を標準で用意。PLCのデバイスも割り付いているので、作画にかかる工数を大幅に削減できます。

ONE POINT!

小型PLCとも高い親和性 ~ 3Way接続 ~
用途に合わせて3 つの接続方法から選定できます。またModbus接続時も、I/Oやパルス列接続と併用できるので、例えばパルス列で高速性を維持、現在値を通信でモニタすることができます。
I/O接続
QS-10Nは位置決め機能を内蔵しているので、I/Oで簡単に制御可能。

パルス列接続
KV Nanoでは内蔵位置決めでMAX4 軸までコストアップなしで制御可能。

Modbus接続
KV Nanoは、Modbusマスタ機能を搭載。専用モニタも標準用意。

簡単さを重視する方はこちら

性能にこだわりたい方はこちら