【新商品情報】位置がズレても、どこの場所でも、”高さ”で判別できる!カメラ内蔵レーザ変位センサ「IXシリーズ」誕生。

アンプ内蔵型TOFレーザセンサ
LR-T シリーズ

堅牢メタルボディ反射型で5mの距離を安定検出

1クラス最高の検出パフォーマンス

クラス最高の検出パフォーマンス

検出原理の「TOF」と「カスタムIC」の組み合わせにより、反射型センサで0.06~5mの “超”ワイドレンジ検出と、色や表面状態を選ばない“超”安定検出を実現します。

詳細は、カタログをダウンロードしてご覧ください。

2自由自在の取付レイアウト

自由自在の取付レイアウト

近くても遠くても、どんな角度でも検出可能。
工夫を凝らした金具を使えば、センサのスポットを見ながらの角度調整も自由自在。
後付けの場合でも取付場所で悩まず、追加工も最小限で済みます。センサの設置工数の短縮に貢献します。

詳細は、カタログをダウンロードしてご覧ください。

3コントローラで見やすい場所で表示の確認(通信にも対応)

コントローラで見やすい場所で表示の確認(通信にも対応)

コントローラMU-Nシリーズと組み合わせることで、離れた場所からでも表示の確認や調整が可能になります。通信ユニット(EtherNet/IP CC-Link DeviceNET)にも対応。

詳細は、カタログをダウンロードしてご覧ください。

仕様・詳細をカタログで見る

カタログダウンロード

LR-Tシリーズ アンプ内蔵型TOFレーザセンサ カタログ

センサメーカーが作った教科書「センサとは何か?」