CODE39とNW-7|バーコードの基本|バーコードの規格と読み取りノウハウが学べるサイト「バーコード講座」|キーエンス

バーコード講座 バーコードの規格と読み取りノウアウが学べるサイト

0120-764-636

  1. ホーム > 
  2. バーコードの基本 > 
  3. CODE39とNW-7

CODE39とNW-7


CODE39

CODE39は1975年にインターメック社で開発されたバーコードで、数字、アルファベットと
いくつかの記号の合計43個のキャラクタをコード化したものです。
アルファベットを扱えることから工業用途にはなくてはならないものとされ、
FAでは自動車、電気関係で数多く使用されるのをはじめ、
わが国でもEIAJ(現在の(社)電子情報技術産業協会:JEITA)が“EIAJ-EDI標準”として規格化しています。

CODE39の構成

CODE39は、9本のバー、スペースのうち3本が太いということでこの名前がついています。
基本的な構成としては、以下のようになります。

・9本のバー、スペースで一つの文字(キャラクタ)を表わします。
・バーコードの始まりと終わりには、*(アスタリスク)が付けられます。(スタート/ストップキャラクタ)
・それぞれのキャラクタの間のスペース部分を「キャラクタ間ギャップ」と呼びます。
 通常、ナローバー幅と同じサイズで作られます。
 ただし、最大値はナローバー幅の3 ~ 5.3倍という規定になっています。

CODE39の構成

CODE39のキャラクタ構成

CODE39は下表のような構成で作られています。
表わすことのできるキャラクタは、数値(0 ~ 9)、アルファベット、記号(— , . , _(スペース),*, $ , /, + , %)です。

キャラクタ バーのパターン キャラクタ バーのパターン キャラクタ バーのパターン
0 F T
1 G U
2 H V
3 I W
4 J X
5 K Y
6 L Z
7 M
8 N .
9 O SPACE
A P
B Q
C R
D S
E    
キャラクタ バーのパターン
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z
.
SPACE

CODE39の特徴

・数字以外にもアルファベット、記号などが扱えるため、品番などが表現できます。
・スタート/ストップキャラクタが「*」。
・一つの文字を表わすのに、9本のバー、スペースを用い、他のコードに比べて多いため、誤読が非常に少なく、
 信頼性の高いバーコードです。
・一つの文字を表すのに、9本のバー、スペースを用い、他のコードに比べて多いため、バーコードのサイズが最も大きくなります。

CODE39の使われ方

CODE39は主に工業用として使用されます。

EIAJラベル

(社)電子情報技術産業協会(JEITA)では、各企業間で取り引きに関する情報を通信回線を介し、コンピュータ間で交換する方法(EDI)を実施しています(EIAJ-EDI標準)。EIAJラベルでは、このEDI実現のために取引の際に使用される伝票などをEIAJラベルとして標準化しています。この標準化により、企業間でばらばらであった納品書の様式が統一され、作業効率、経済効率が上がることも期待されます。最終的には、納品書廃止(ペーパーレス化)を推し進めようとしています。

EIAJラベル

EIAJ Dラベル

EIAJ Dラベル

CODE39 フルアスキー

標準のCODE39では、数字、アルファベットといくつかの記号の合計43個のキャラクターをコード化しますが、
“$”、“+”、“%”、“/”のいずれかと、その後に続くキャラクターを組み合わせてすべてのアスキーコードをコード化し、
バーコードスキャナーより出力することができます。

ASCII CODE39 ASCII CODE39 ASCII CODE39 ASCII CODE39 ASCII CODE39
NUL %U SUB $Z 4 4 N N h +H
SOH $A ESC %A 5 5 O O i +I
STX $B FS %B 6 6 P P j +J
ETX $C GS %C 7 7 Q Q k +K
EOT $D RS %D 8 8 R R l +L
ENQ $E US %E 9 9 S S m +M
ACK $F SP スペース /Z T T n +N
BEL $G ! /A ; %F U U o +O
BS $H " /B < %G V V p +P
HT $I # /C = %H W W q +Q
LF $J $ /D > %I X X r +R
VT $K % /E ? %J Y Y s +S
FF $L & /F @ %V Z Z t +T
CR $M ' /G A A [ %K u +U
SO $N ( /H B B \ %L v +V
SI $O ) /I C C ] %M w +W
DLE $P * /J D D ^ %N x +X
DC1 $Q + /K E E _ %O y +Y
DC2 $R , /L F F ` %W z +Z
DC3 $S - G G a +A { %P
DC4 $T . . H H b +B | %Q
NAK $U / / I I c +C } %R
SYN $V 0 0 J J d +D %S
ETB $W 1 1 K K e +E DEL %T,%X,
%Y,%Z
CAN $X 2 2 L L f +F
EM $Y 3 3 M M g +G  
ASCII CODE39 ASCII CODE39
NUL %U SUB $Z
SOH $A ESC %A
STX $B FS %B
ETX $C GS %C
EOT $D RS %D
ENQ $E US %E
ACK $F SP スペース
BEL $G ! /A
BS $H " /B
HT $I # /C
LF $J $ /D
VT $K % /E
FF $L & /F
CR $M ' /G
SO $N ( /H
SI $O ) /I
DLE $P * /J
DC1 $Q + /K
DC2 $R , /L
DC3 $S -
DC4 $T . .
NAK $U / /
SYN $V 0 0
ETB $W 1 1
CAN $X 2 2
EM $Y 3 3
ASCII CODE39 ASCII CODE39
4 4 N N
5 5 O O
6 6 P P
7 7 Q Q
8 8 R R
9 9 S S
/Z T T
; %F U U
< %G V V
= %H W W
> %I X X
? %J Y Y
@ %V Z Z
A A [ %K
B B \ %L
C C ] %M
D D ^ %N
E E _ %O
F F ` %W
G G a +A
H H b +B
I I c +C
J J d +D
K K e +E
L L f +F
M M g +G
ASCII CODE39
h +H
i +I
j +J
k +K
l +L
m +M
n +N
o +O
p +P
q +Q
r +R
s +S
t +T
u +U
v +V
w +W
x +X
y +Y
z +Z
{ %P
| %Q
} %R
%S
DEL %T,%X,
%Y,%Z
ポイント

・CODE39フルアスキーを利用する場合は、CODE39フルアスキー対応のバーコードスキャナーが必要です。
・フルアスキーを表示するキャラクターの組み合わせは単独では出力されません。


NW-7

NW-7は1972年にモナークマーキング社によって開発された2of5に次ぐ比較的初期のバーコードです。
血液の管理用、宅配便の配送伝票、図書の管理、会員カード、書き留め郵便の管理用など、
数字の連番印刷が必要なものに広く利用されています。

NW-7の構成

NW-7はNarrow(狭い)とWide(広い)の2種類の、4本のバーと3本のスペース(合計7本)で
一つのキャラクタ(文字)を表わしますので、NW-7と呼ばれます。アメリカでは、CODABARと呼ばれます。
日本でもコーダバー(NW-7)という名称で規格化されています(JISX0506)。
基本的なバーの構成としては以下のようになります。

・7本のバー、スペースで一つの文字(キャラクタ)を表わします。
・バーコードの始まりと終わりには、A,B,C,D(a,b,c,d)のいずれかが付けられます。(スタート/ストップキャラクタ)

NW-7の構成

※スタート/ストップキャラクタは
A ---- A B ---- B A ---- C D ---- A
など、様々な組み合わせが可能です。

・キャラクタ間ギャップについては、CODE39と同じです。

NW-7のキャラクタ構成

表わすことのできるキャラクタは、数値(0 ~ 9)、アルファベット(A,B,C,D), 記号(- , $ , /, . , + )です。

キャラクタ バーのパターン キャラクタ バーのパターン
0
1 $
2 :
3
4 .
5
6 A
7 B
8 C
9 D

NW-7の特徴

ITFに比べ、桁落ちが少なく、CODE39に比べ、サイズが小さくなります。
ただし、NW-7も桁落ちが絶対に発生しないというわけではなく、(印字状態が悪い場合は)以下のように、
比較的簡単に桁落ちを起こします。

NW-7の特徴

あるスペースが1本だけ太ってしまうと、それがストップキャラクタに見えてしまい、桁落ちが発生してしまいます。

ポイント

ITFと同様、NW-7についても、ある決まった桁数以外読まなくする「桁指定」をバーコードリーダ側で設定することをおすすめします。

スタート・ストップキャラクタの使い分けができるため、様々な表現方法が可能です。
例えば、A ---- Aは定価、A ---- Cは特価、C ---- Cはバーゲン価格という使い方が可能です。

NW-7の使われ方

宅配便の配送伝票

問い合わせ伝票番号をバーコード化しています。
各拠点の集配センターで、バーコードを読むことで、荷物がいつ入荷されて、いつ出荷されていったかが分かるようになっています。
つまり、顧客からの問い合わせに対する即答が可能になるのです。

インストアマーキング

血液銀行

血液検査用の試験管(検体)にも、個人ID識別のため、NW-7が使われています。

  • 印刷用PDFを見る(バーコードの基本)
  • 印刷用PDFを見る(2次元コードの基本)近日公開
  • お問い合わせ/お困りごと相談
バーコード資料館はこちら

お問い合わせはお気軽に!

バーコード関連のご質問はこちら