用語解説

通信・IoTネットワーク

IoTゲートウェイよみ:あいおーてぃーげーとうぇい、英字:IoT Gateway(IoT GW)

IoTゲートウェイとは、IoT(モノのインターネット)において、端末とインターネットを介した遠隔のサーバ(クラウド)がデータのやりとりをする際、中継する役割を担うルータのような機能を備えた機器を意味します。
IoTゲートウェイは、多種多様なセンサや高解像度カメラ・変位計などの端末が検出した膨大で多様なデータを、中継点となる機器で処理した後、サーバに送信します。これにより、サーバや送信経路であるインターネットの負荷を軽減することができます。
エッジコンピューティングフォグコンピューティングとよく似た概念ですが、メーカーや機器の機能、ラインナップの中での位置づけなどによって呼び名が異なります。

  • "現場"に合ったIoTを。 IoTソリューションサイト
  • センサのネットワーク化事例をご紹介 業界別センサIoT活用事例サイト