用語解説

実践・導入編

MES(製造実行システム)よみ:えむいーえす(せいぞうじっこうしすてむ)、英字:MES(Manufacturing Execution System)

MESとは、Manufacturing Execution Systemの略で、製造工程の把握や管理、作業者への指示や支援などを行う「製造実行システム」を意味します。「資源をムダなく利用し、生産効率の向上を図る」ことを目標に、生産活動における品質・コスト・納期を継続的に改善するため現場情報を収集し、評価・分析を通じて生産効率の最大化を目指します。
MESの特徴は「工場の生産ラインの各製造工程との連携」にあります。作業のスケジューリング・生産資源の配分と監視・品質管理・データ収集・保全管理など11の機能から、必要に応じた機能を利用します。

全体的な生産計画は、MESの上位システムにあたるERPの役割です。そして、MESの下位となるのが、製造設備であるFA(ファクトリオートメーション)設備とそこに必要なセンサ類や検査器類、それらの検出データを集約するPLCなどの制御レイヤーの機器で、MESの処理に不可欠なデータの収集を行います。
また、MESは製造工程向けのシステムであるため、製造現場や在庫管理する倉庫などが対象です。現場での作業を効率化するために、ユーザインターフェースとしてタッチパネルやハンディターミナル、バーコードリーダといった機器の導入が進んでいます。

経済のグローバル化が進む中、生産現場には少量多品種生産やリードタイムの短縮が求められており、MES導入による合理化の必要性も高まっています。原料や納期、生産プロセスの管理が行えるMESで製造工程の効率化を目指すことは、これからのIIoT(産業のIoT)を駆使したものづくりにとって、喫緊の課題といえます。

タグ :
上位システム
FA
  • "現場"に合ったIoTを。 IoTソリューションサイト
  • センサのネットワーク化事例をご紹介 業界別センサIoT活用事例サイト