ものづくりの現場におけるトレーサビリティの事例

ものづくりの工程をより詳細に”把握”し、”データ活用”するために

検査合否の二択判定から、測定データの蓄積へ。抜き取り測定検査から、全数測定検査へ。ものづくりの各工程では今、製造履歴管理強化の取り組みが加速しています。従来から行われている2次元コードを付与した製品トレーサビリティについても、”組み付けされたユニット単位の管理”から、“部品一つ一つの管理”へと、その対象は広がりをみせています。
ものづくりの工程をより詳細に把握する取り組み例として、ここでは、このようなトレーサビリティ・履歴管理のアプリケーションを紹介します。

インラインでの寸法全数測定

従来

全数検査の要望はありますが、マイクロメータでは時間がかかりすぎるため抜き取り検査しかできていませんでした。人による誤差も気になります。

改善ポイント

高速サンプリングによりインライン全数検査を実現。非接触なので製品に傷を付けることもなく、測定する人による誤差も発生しません。また、測定データをPLCに送ることで、検査履歴の蓄積・管理もできます。

”インライン”で安定した外径・隙間測定を実現
超高速・高精度寸法測定器

LS-9000シリーズ
  1. 最速16000回/秒サンプリングでワークが振れても安定測定
  2. 傾き補正機能で傾いたワークでも安定測定
  3. 駆動部が無いので、安心の高耐久・長寿命

ネットワーク対応
EtherNet/IP™ PROFINET

インラインでの厚み全数測定

従来

モータコア積層において、規定枚数がセットされているかを目視検査していました。

改善ポイント

ラインを止めることなく、非接触で積層後の厚みを全数検査できます。
測定データを出力できるので、製造履歴として製品シリアルナンバーとの紐づけ管理ができます。

業界最高の繰り返し精度とリニアリティ
超高速・高精度レーザ変位計

LK-G5000シリーズ
  1. 世界最高繰り返し制度0.005 μm
  2. 世界最速サンプリング速度392 kHz
  3. 対象物に応じた受光量自動最適化機能

ネットワーク対応
DeviceNet™ CC-Link

熱処理炉の温度履歴管理

従来

紙式の記録計で管理していました。非常に重要なデータですが、紙詰まりや紙切れなどでデータが記録されていないことがありました。

改善ポイント

ペーパーレスで大事なデータを確実に保存できます。大容量メモリ搭載で、長期間にわたって記録切れがなく、Robustメモリ機構により万が一の電源トラブルでも直前までのデータを確実に保存できます。

めくる、書く、比べるを直感操作
タッチ型パネルレコーダ

TR-Wシリーズ/TR-Hシリーズ
  1. タッチスクリーンで簡単直感操作を実現
  2. 波形比較によるフレキシブルなアラーム出力が可能
  3. プリンタ搭載のハイブリッドモデルもラインナップ

ネットワーク対応
ModbusTCP ModbusRTU

画像検査データの長期保存と運用

従来

画像データを保存するのみで、検査結果と紐づけた運用はできていませんでした。

改善ポイント

VisionDatabase[オプション]

検査結果と画像を紐づけての長期保存はもちろん、日付やロットNo.などから検査当時の結果を検索できます。不要な過去データの定期自動削除もできるため、面倒なメンテナンスがいりません。

画像データの長期保存&活用を手軽に
画像センサ

CV-Xシリーズ
  1. トレーサビリティシステム構築に必要なパッケージソフト(VisionDatabase)をご用意
  2. 画像検査データの保存と活用を簡単に実現
  3. 再テスト機能を用いることで当時の検査の再現が可能

ネットワーク対応
EtherNet/IP™ PROFINET

製品個別のシリアルナンバー印字

従来

成型時に刻印機でロットナンバーのみマーキングしていました。同一のロットナンバーを付与した製品が多数あるため、個々の識別はできませんでした。

改善ポイント

レーザマーカで製品個々にシリアルナンバー(連番)をマーキング。ロット単位ではなく、製品個別の履歴管理を実現。シリアルナンバーを検査データと紐づけて、不具合発生時の原因究明もできます。

樹脂・金属へ美しく速く印字
3-Axis ハイブリッドレーザマーカ

MD-X シリーズ
  1. オートフォーカス機能で印字ごとに自動焦点あわせ
  2. 2次元コード読み取りも可能な多機能カメラを内蔵
  3. 安定稼働を支える耐環境仕様

ネットワーク対応
EtherNet/IP™ PROFINET

印字・検査の一元管理

従来

インクジェットプリンタにて全数印字をしていますが、正しく印字されているかの確認が不十分でした。

改善ポイント

(1) CMOSレーザセンサ LR-Zシリーズ
(2) インクジェットプリンタ MK-Uシリーズ
(3) 画像処理センサ CV-Xシリーズ
(4) MK-U CV-X 連携画面

ケーブル1本で画像センサとインクジェットプリンタが簡単リンク。
印字抜けの確認だけでなく、正しい文字が印字されているかどうかの文字認識(OCR)もできます。

最高のパフォーマンスを発揮し続ける
ユニバーサルインクジェットプリンタ

MK-U シリーズ
  1. インクジェットプリンタのタッチパネルで画像センサも一括操作
  2. 安定稼働を実現するオートシャワー洗浄機能搭載
  3. インク粒子の自動最適化でいつでも美麗印字

ネットワーク対応
Ethernet

複数パーツの2次元コード一括読み取り

従来

納品先からの要求により部品個々に2次元コードを印字するようになりました。読み取りに時間がかかり生産性低下が課題となっていました。

改善ポイント

広い視野を確保しながら安定した読み取りを実現。短時間で個々の2次元コードを検出することができ、生産性を落とさず安定したトレーサビリティシステムが構築できます。

”設置するだけ”で安定読み取り
1D/2Dコードリーダ

SR-2000シリーズ
  1. ボタンを押すだけのフルオートチューニング
  2. 従来比2倍以上の広視野を実現(クラス最高310万画素)
  3. 独自のCPC照明が明るく、均一に広視野を照射

ネットワーク対応
EtherNet/IP™ PROFINET

手作業工程でのトレーサビリティ効率化

従来

シリアルコードを取得するため、ハンディコードリーダを使用。金属や円柱素材に直接印字されたコードの読み取りでは、ハレーションが発生し読み取りが困難、作業性を落としていました。

改善ポイント

ハレーションを自動で除去し、読み取り作業時間の短縮を実現。
手作業工程での履歴管理徹底と、作業性の両立が可能になりました。

高速・安定読み取りで作業効率アップ
DPMハンディコードリーダ

SR-G100シリーズ
  1. ボタン一つでオートチューニング
  2. 誰でも簡単読み取りを実現する考え抜いた重心設計
  3. 印字状態に応じた最適な照明を自動選択

ネットワーク対応
EtherNet/IP™ PROFINET

トレーサビリティ大学 トップへ戻る