ものづくりの現場におけるトレーサビリティの事例

ものづくりの工程をより詳細に”把握”し、”データ活用”するために

検査合否の二択判定から、測定データの蓄積へ。抜き取り測定検査から、全数測定検査へ。ものづくりの各工程では今、製造履歴管理強化の取り組みが加速しています。従来から行われている2次元コードを付与した製品トレーサビリティについても、「組み付けされたユニット単位の管理」から、「部品1つ1つの管理」へと、その対象は広がりをみせています。
ものづくりの工程をより詳細に把握する取り組み例として、以下のトレーサビリティ・履歴管理のアプリケーションを紹介します。

測定情報の収集と運用の事例
印字・読み取りの事例

トレーサビリティ大学 トップへ戻る