複数パーツの2次元コード一括読み取り

従来

納品先からの要求により部品個々に2次元コードを印字するようになりました。読み取りに時間がかかり生産性低下が課題となっていました。

改善ポイント

広い視野を確保しながら安定した読み取りを実現。短時間で個々の2次元コードを検出することができ、生産性を落とさず安定したトレーサビリティシステムが構築できます。

”設置するだけ”で安定読み取り
1D/2Dコードリーダ

SR-2000シリーズ
  1. ボタンを押すだけのフルオートチューニング
  2. 従来比2倍以上の広視野を実現(クラス最高310万画素)
  3. 独自のCPC照明が明るく、均一に広視野を照射

ネットワーク対応
EtherNet/IP™ PROFINET

トレーサビリティ大学 トップへ戻る

トレーサビリティの基本は印字から! 2次元コードやロット番号など、課題や用途別にさまざま素材への印字事例が見られるサイト「マーキング印字ギャラリー」