手作業工程でのトレーサビリティ効率化

従来

シリアルコードを取得するため、ハンディコードリーダを使用。金属や円柱素材に直接印字されたコードの読み取りでは、ハレーションが発生し読み取りが困難、作業性を落としていました。

改善ポイント

ハレーションを自動で除去し、読み取り作業時間の短縮を実現。
手作業工程での履歴管理徹底と、作業性の両立が可能になりました。

高速・安定読み取りで作業効率アップ
DPMハンディコードリーダ

SR-G100シリーズ
  1. ボタン一つでオートチューニング
  2. 誰でも簡単読み取りを実現する考え抜いた重心設計
  3. 印字状態に応じた最適な照明を自動選択

ネットワーク対応
EtherNet/IP™ PROFINET

トレーサビリティ大学 トップへ戻る

トレーサビリティの基本は印字から! 2次元コードやロット番号など、課題や用途別にさまざま素材への印字事例が見られるサイト「マーキング印字ギャラリー」